少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

忖度について

今年の流行語大賞は「忖度」で決まりだろうと思う。安部首相周辺だけでなく、

このところ日大・アマチュアボクシング連盟・文科省日本医科大学など忖度

のオンパレードだ。忖度される側・忖度する側いずれにも問題があるのだろう。

しかし、私は圧倒的に忖度される側に問題があると思っている。忖度されるまで

に必ずそのようにせざるをえない状況を忖度される側が創り出しているのだ。

 

私も社会で様々な人を見てきて、人々に忖度させるタイプの人間を何人か見てきた。

そういう人は非常に我が強くすぐ興奮し、自分の指示どおりに動かなかったり異を

唱える人には激しく攻撃し、パワハラをおこない自分に同意する人を厚遇した。

そしてそう人は人を恐れさせる術に非常にたけていた。厚遇されたものは、その人

にさらに気に入られようとし寵愛の対象からはずされることを恐れ忖度をはじめる。

気にいられていない者は押し黙って、不要な反論はしなくなる。

 

ここで完全に健全な議論は停止状態に陥る。忖度される人間がトップの者とは限

らない。この場合は、その上司の責任も大きい。部下のパワハラ行為にも無関心

で数字に表れる実績だけをみているから、忖度されている者やパワハラをしてい

る人間は、堂々とパワハラをすることができる。先般の大手広告代理店のパワハ

ラ問題も、パワハラをしていた部長の上司の問題が大きいと思う。

なぜなら、忖度を受けていたりパワハラをしている行為を諫め改善させるのは、

彼の上司以外いないからだ。

 

最近の安倍内閣の支持率の伸び悩みも、忖度のにおいがただよっていることに皆が

危うさを感じているからだと思う。

忖度を食い止めるには、おそらく今後も勇気ある内部告発と長期で権限を行使でき

ないような任期の限定を行うことしかないだろう。

 自民党が安部首相への忖度と自己の保身のため総裁任期の延長を決定した。

また、決定していた70歳以上の者を公認しないというルールもなしくずしになって

きているようだ。これは首相から70歳以上の実力者への忖度と言えるかもしれない。

どうも危い気がしてならない。

お盆の日 比叡山延暦寺参拝へ

8月13日盆 大阪への帰省の途中に比叡山延暦寺に寄った。高野山は何回か行った

ことはあるが、延暦寺は初めて。標高800㍍ほどの高さということもあって、猛暑か

らの逃走にもなった。

東塔と西塔を参拝し山頂付近にあるガーデンミュージアムへ。ちょうどいい森林浴

にもなったが、上りの階段はやはり60近くの男にはきつい。

でも延暦寺平安京遷都の際、京都から比叡山が鬼門にあたるため、最澄と相談し

延暦寺を建立したこと。法然親鸞日蓮栄西道元。・一遍といった名だたる

宗教家がこの比叡山で修業し、開祖していったこと。空海最澄以上に有名になった

のは、最澄真言密教についての弟子となって教えを乞うたことなど、今まで知らな

いことを知った。最澄は年下の空海に教えてを乞うなど、相当ふところの深い人物

だったようだ。山頂近くにあるガーデンミュージアムも西洋油絵と西洋風ガーデン

の組み合わせで素晴らしかった。

実家の大阪へは今後2か月に一回は帰る予定なので、今回いけなかった延暦寺

横川や琵琶湖の散策も交えて再び比叡山(おやま)に行きたいと思う。

できれば紅葉のいい頃に。

 

東塔入口

f:id:tkbkun:20180815130145j:plain

ずっと鐘の音が境内に響いていた

f:id:tkbkun:20180815130232j:plain

東塔へ向かう階段

f:id:tkbkun:20180815130423j:plain

東塔 東塔からかすかに琵琶湖も見える

f:id:tkbkun:20180815130328j:plain

最澄伝教大師)御遺諒)

志をもって覚悟をもって生きているかを問われているように感じ背筋が伸びた

f:id:tkbkun:20180815141340j:plain

林道をぬけて橋を渡り西塔に向かう ひんやりとして心地よい

f:id:tkbkun:20180815130505j:plain

f:id:tkbkun:20180815130555j:plain

西塔の大講堂。ここで丁度延暦寺最澄についての講話があり、色々知らなかったことを学んだ。

f:id:tkbkun:20180815130632j:plain

止観とは90日間ずっと座禅を続ける修行のこと。今おひとりの方が1日より修行されているそうだ。

f:id:tkbkun:20180815141955j:plain

平和のお地蔵さん。平和の宣言をしているようでなんとも愛らしい

f:id:tkbkun:20180815130713j:plain

親鸞が修行した跡地  彼は比叡山で何を学んだろうか

f:id:tkbkun:20180815130752j:plain

山頂への山道にこんな看板が。さすがにうさぎとびで登るものはいないだろうが、ナイスユーモアだ。

f:id:tkbkun:20180815130832j:plain

山頂付近にあるガーデンミュー―ジアムにはいり、モネの油絵を中心に美しい花を眺める。至福の時間。

展望台から見える琵琶湖も最高だった

f:id:tkbkun:20180815133602j:plain

f:id:tkbkun:20180815130938j:plain

f:id:tkbkun:20180815133649j:plain

f:id:tkbkun:20180815131021j:plain

高校野球と熱中症対策

昨日から高校野球がいよいよスタートした。今年は100回大会ということもあって

従来にも増して盛り上がっている気がする。1点差を争う好試合も続いている。

異常な暑さからか投手にとっては苛酷な舞台となるだろう。そんなことから例年以

上に打撃戦が多くなるだろうと予想している。今年も様々なドラマが甲子園で生まれ

るのだろう。

f:id:tkbkun:20180806140857j:plain

大ファンの一人として一番心配なのが、熱中症だ。開会式も行進のあと給水タイムを

とったのはよかったが、そのあとがいただけなかった。

これは毎年感じていたのだが、運営側の挨拶人数の多さと挨拶時間の長さだ。

例年、高野連の会長 朝日新聞の社長 文部大臣と3人が挨拶するが、殆ど

同じ内容のことを話して役割分担がされていない。今回はさらに審判長の挨拶も

加わった。挨拶の中で熱中症には気をつけてという発言もあったが、そう思うな

らスピーチは1分くらいに留めるべきだ。皆がこれまでの歴史をとうとうと語る

必要もないし全員が被災のことに触れる必要もない。現在開会式には1時間を

かけているが、せめて30分くらいに留めるべきだ。開会式の挨拶は多くて2人と

し、残るえらい方の話は閉会式に回せばいい。(審判長などその方がいい)

 

今回は皇太子様からのメッセージもあり、文科大臣の挨拶は不要だと思った。

特に今年は文科省関連で文科省やスポーツ連盟・大学の不祥事が続き林文科大臣は、

甲子園であいさつするよりもっと全力で注力しなければならないことが多いはずで、

要請されても辞退すべきだったと思う。

主催者側の朝日新聞も新聞で熱中症対策を報道して注意を喚起しているのに、自分

のことになると全くそういう面で無頓着だ。特に朝日新聞の社長の挨拶は長かった。

1時間あの灼熱のグランドで長い時間同じような挨拶を聞かされる高校球児や関係

者の大変さを考えてほしい。特に開会式のあと試合に臨むチームの選手(特に投手)

の身になってもらいたい。まったく学生ファーストではない運営だと私は思う。

 

そして、最低中3日となるベスト16以降は、投手の球数制限(120球くらいか 

連投の場合は80球など)を設けるべきだ。根性論で投手の選手生命を危機にさ

らしてはならない。痛みに耐えてよくがんばったと小泉首相に激賞された貴乃花

はその後、引退に追い込まれたし。昨年無理に強行して怪我の中出場した稀勢の

里もしかりだ。

大人たちは未来ある若者を守る義務がある。

高校野球の価値は教育の一環で勝利至上主義ががいきすぎてはいけない。監督の

自主判断に任せるのではなく連盟がきっちり責任をもって制限数を決めるべきだ。

それだけ暑さが異常であり、すでに災害扱いになっているのだ。こうした球数制限

は、それだけ他の選手にも出場の機会を与えることになり、高校野球の合言葉であ

る全員野球にもつながると思う。

大きな事故が起きる前に連盟側には早急に手をうってもらいたいと思う。

 

 

二松学舎大附VS小山台 慶応VS桐光学園観戦記

お元気ですか。少年シニアです。恒例行事になっている高校野球予選観戦。

残念ながら今回は仕事の関係もあり東東京大会の決勝 北横浜大会の決勝

2試合のにの観戦に留まりました。

二松学舎大附6-3小山台】

 準決勝で本命の帝京を7-2と完勝した公立の雄、小山台。否がおうにも期待

がかかります。前半は小山台のペースで3対1。ただ、私はこの段階で不安を感

じていました。というのも本来バンドで追加点をとって点差を広げるチャンスを

強硬策で取れる点を取り逃がしていたからです。セオリーに従った形で1点づつ

点差を拡大していっていたら5対1くらいまで差を拡大できていたと思います。

奇策のダブルスチールの失敗も痛かったです。点差が拡大すれば強豪校と言えど

もあせってきます。力に劣るチームは先取点をとって、点数をひろげ逆転さを与

えないことが勝利の方程式だと思います(帝京戦はそのパターンで勝ちました)

野球は流れのゲームです。小山田が追加点をとれなかったことで流れが二松学舎

に傾いてきました。さらに二松学舎の2番手の岸本投手がスピードボールと変化

球を組み合併せて完全に小山台打線を封じ込みました。

8回、最後のチャンスが小山台に到来しました。ノーアウト1塁2塁で、ここで

も強硬策をとりましたが、ここはバンドで送り、2.3塁とし、2点を狙いうまく

1点差まで追いつめる展開になれば、9回岸本投手には相当なプレッシャーがか

ってドラマが生じていたかもしれません。

ただ、総合力は投打とも二松陰の方が一枚上でしたし、ここまで二松学舎を苦し

めた公立校小山台にはおしみない拍手をおくりたいと思います。

日曜日と公立の雄小山台人気で外野席もびっしりの超満員でした

f:id:tkbkun:20180803034946j:plain

その小山台躍進の立役者と戸谷君。後半はさすがにばてましたがか完投は立派です。

f:id:tkbkun:20180803034906j:plain

岸川君の力投で一気に二松学舎に流れが傾きました。間違いなく勝利の立役者でしょう

f:id:tkbkun:20180803035017j:plain

 勝利の瞬間 敗者にはつらい瞬間ですが、力は出し切ったと思います。

f:id:tkbkun:20180803035116j:plain

f:id:tkbkun:20180803035253j:plain

f:id:tkbkun:20180803035219j:plain

【慶応7-5桐光学園

準決勝で東海大相模を倒し波にのる慶応でしたが、私は試合巧者の桐光がわずか

に有利と予想していました。しかし、私が思っていた以上に慶応打線に破壊力が

ありました。8回まで7対1、慶応のワンサイド勝利が濃厚でした。ところが、

ドラマが8回裏に待っていました。代打の鵜沢君のホームランで7-2となって

一気に桐光に流れが変わります。好投手生井君がかなりこのホームランにショッ

クを受けたのか、その後、桐光の連打で7対3で満塁までいき、ついに生井君を

ひきづりおろしました。ここで投手は渡辺君にかわりますが、コントロールが定

まらず遂に7対5と2点差までとなり、勝敗は全くわからなくなってきました。

ここで私は9回は再びエースの生井君が戻ると思っていました。しかし9回表に

生井君に代打を出し、生井君の再登板はなくなりました。

コントロールの定まらない渡辺君が2点差を守りきれるか。もし最初のバッター

で四球でも出そうものなら、大逆転のサヨナラもありえると思いました。

しかしここで渡辺君がふんばりました。渡辺君の持ち球の変化球でストライク

がとれるようになり、ストライクが先行するようになりました。こうなると追

い込んでボール玉をふらすという本来の姿で勝負が可能となります。結局ラン

ナーを出すことなくぴしゃりとおさえ慶応を勝利に導きました。

桐光のつぼにはまったときの打撃の凄さも最後には見せてもらって最終的には

いい試合でした。慶応の勝利はきっちり追加点をとっていたからだと思います。

投打のバランスもいいチームですし、甲子園でも「わかき血」を歌いまくって

もらいたいものです。。

慶応の4番廣瀬君のホームランで慶応打線に勢いがつきました。さすが4番です。

f:id:tkbkun:20180802060255j:plain

慶応躍進の立役者 生井君の力投。全力投球でメンバーを鼓舞しました。

f:id:tkbkun:20180802060338j:plain

8回桐光の代打鵜沢君のホームランから一気に試合がもつれあわや逆転の展開になりました。

f:id:tkbkun:20180802060502j:plain

f:id:tkbkun:20180802060423j:plain

8回 力投していた生井君から渡辺君に交代。生井君に惜しみない拍手が送られました

f:id:tkbkun:20180802061332j:plain

2番手渡辺君のコントロールが定まらずピンチ。ナインが集まり渡辺君を励まします。

f:id:tkbkun:20180802061235j:plain

最終的には2番手渡辺君の9回はコントロールが復活し3人で片付け慶応が逃げ切りました。

f:id:tkbkun:20180802060555j:plain

 

白丸湖~鳩の巣渓谷で涼をとる

お元気ですか。少年シニアです。

今年は例年以上の猛暑。こんなときはうちにいるのが一番なんだろうけど歩くのが

生きがいの私は連日家の中はつらい。それなら緑陰と澄み渡る水の流れを求め渓谷

の周辺を歩くのが得策というもの。

朝早く出て9時前には奥多摩駅のひとつてまえ、白丸駅でおり、一駅前の鳩の巣

駅まで、4キロ程度の短い遊歩道をたっぷり時間をかけて歩く。

途中で青梅駅で乗り換えるがここは古い映画を上演するので有名な街。

待合室もレトロな雰囲気でよかった。

f:id:tkbkun:20180716205400j:plain

f:id:tkbkun:20180716205514j:plain

白丸駅に到着、まだ9時ということもあり、空気もひんやりとしている。

数馬橋からいきまり多摩川の絶景が見えた。そして朝からカヌーやカヤック

愉しんでいる人たちも見える。

f:id:tkbkun:20180716205614j:plain

f:id:tkbkun:20180716205715j:plain

f:id:tkbkun:20180716205806j:plain

カヌー教室が開かれているようだ。大きな声で説明しているので遊歩道にいる私にも

聞こえてくる。こっそりただ聞きは人に反する。次回はお金を出して挑戦してみよう。

f:id:tkbkun:20180716205842j:plain

下におりて多摩川を全体で受け止める。足をいれたらひんやりしてとても気持ちが

いい。一緒にいた学生2人としばし旅の談義になった。先日ハノイを旅したという。

私も秋にいく予定をしているので色々聞いたが、ハロン湾は素晴らしかったらしい。

ホーチミンにするかハノイにするか迷っていたが、これでハノイに決まりだ。

ちなみにワールドカップで惜しくも準優勝だったクロアチアもた旅したそうだが、

とても素晴らしい街並みだったそうだ。私もいつか行ってみよう。

f:id:tkbkun:20180716205920j:plain

f:id:tkbkun:20180716205956j:plain

f:id:tkbkun:20180716210027j:plain

巨大なダムが見えた。鳩の巣橋から写真をとる人たちがみえる。またその下ではキャンプをしたり泳いだり。でも水嵩が多いときはかなり危険だそうだ。(最後によった珈琲店のおやじさんの弁).

f:id:tkbkun:20180716210105j:plain

 

f:id:tkbkun:20180716210140j:plain

f:id:tkbkun:20180716210221j:plain

f:id:tkbkun:20180717071711j:plain

 

鳩の巣駅までもうわずか。珈琲店のおやじさんがのんびり店の前で足を冷水につけている。こんな店は絶対にいい店だ。熱中症対策もかねて珈琲店にはいる。

アイスコーヒーを注文したが、おまけでアイスクリームをつけてくれた。客は私一人だけでおじさんとしばし談義。おじさんは70歳。60歳近い私をしきりに若くていいなと言う。70の大台になって体力ががたっと落ちたという。店は20年前からやっていて青梅から通っているという。元職人さんで、彼のアーティスティックな作品も売られている。今年の夏の暑さの異常さは奥多摩も同様だそうだ。

結局30分ほど話してまた秋に来店することを約束して別れる。こんな出会いが短い

旅の良さだ。

f:id:tkbkun:20180716210256j:plain

f:id:tkbkun:20180716210322j:plain

こちら田舎風の小ポスト。郵便物も少ないだろうから合理的だ。

f:id:tkbkun:20180716210349j:plain

鳩の巣駅。そしてトンネルを越えて駅に到着。短い旅も終わった。

f:id:tkbkun:20180716210435j:plain

f:id:tkbkun:20180716210508j:plain

 

立川駅についたらうだるような暑さ。モノレールにのって多摩センター駅へ。

旅のつかれをスーパー銭湯極楽湯で癒して実にいい一日だった。

広州~桂林 名所街角スナップ

 お元気ですか。少年シニアです。

引き続き広州から桂林の旅について名所・街角で自分なりに気に入った写真を

あげてみました。

こちらは広州駅です。空港ではありません。この広さはやはり中国という感じでした。

f:id:tkbkun:20180710064725j:plain

すき屋が出点していましたが、カレーなど日本より2倍近い料金で少々驚きました。

f:id:tkbkun:20180710064759j:plain

桂林まで約2時間近くこの新幹線に乗ります。最高時速は250㌔近くででしたが、走る場所によって、すごく速度が違っていたのが気になりました。

f:id:tkbkun:20180710064829j:plain

車窓の風景です。ガイドさんの話によると水から魚の養殖に徐々にシフトしているようです。

f:id:tkbkun:20180710064903j:plain

こちらは広州空港から広州駅までの間にあった穴付き5玉風のビルでゴム工場関連のビルだそうです。商売繁盛を願っているのでしょうか(笑)

f:id:tkbkun:20180710065016j:plain

桂林の七星公園でががイドの塗(と)さん。日本人以上に気配りのある素晴らしいガイドさんでした。ユーモアと誠実さを兼ね備えた方でした。

f:id:tkbkun:20180710065100j:plain

公園内ではシニア層を中心にあちらこちらで太極拳が。この中の2人はご一緒したツアー仲間です。最初は観ていたら彼らに誘われて途中から入られました。

f:id:tkbkun:20180710065151j:plain

シニア層の最高のひまつぶしは花札風のカードゲームだそうです。

f:id:tkbkun:20180710065221j:plain

幼稚園の遠足でしょうか。どの国でもこどもの歓声は聴いていてうれしいものです。

f:id:tkbkun:20180710065303j:plain

中国人は子煩悩な親が多い印象。こどもにいい服を着させて写真をとりまくっていました。

f:id:tkbkun:20180710070227j:plain

公園内の夜景クルーズに参加しましたが、想像以上のインパクトありました。

f:id:tkbkun:20180710080155j:plain

ライトアップされた豪華絢爛な寺院があらわれました。

f:id:tkbkun:20180710070457j:plain

これどうみても凱旋門ですね(笑)

f:id:tkbkun:20180710070418j:plain

途中で鵜飼の様子も見学できました

f:id:tkbkun:20180710070758j:plain

ちょっと艶っぽいコーナーもあります.おじさん対策でしょうか(笑)

ディズニーランドにいる気分です。

f:id:tkbkun:20180710070713j:plain

 クルーズ内では横笛で様々な曲を披露してくれました。季節はずれのジングルベルはご愛嬌ですが、蘇州夜曲など日本の歌も披露してくれました

f:id:tkbkun:20180710070830j:plain

あの有名な雑技団会場です。アクロバティックな部分とアーティスティックの部分が融合した素晴らしいショーでした。

f:id:tkbkun:20180710070951j:plain

桂林の市街地。本当の兵隊さんなのか兵隊さん風の人なのかわかりませんが観光客との記念撮影風景がよく見られました。

f:id:tkbkun:20180710071047j:plain

桂林の高級喫茶店内(お菓子付きの珈琲が700円でした)で中国象棋に夢中になっているおじさん2人。駒音高く熱戦の模様。店の人によると2人とも常連の社長さんとのこと。仕事ほったらかしていいいのかな(笑)

f:id:tkbkun:20180710081938j:plain

 午前6時頃早朝散歩していたら物売りのおばさんが通った。ベトナム風ですね。

f:id:tkbkun:20180710082022j:plain

オールドタウンでみた職人さんです。

f:id:tkbkun:20180710082101j:plain早朝 川で洗濯している風景に出合いました。

f:id:tkbkun:20180710082417j:plain

こどもは水遊び。ここでも子煩悩なお父さんが見守っています。

f:id:tkbkun:20180710082153j:plain

こちらは、川越しの夜景です。時間は午前1時頃。むし暑い桂林では夜から人が活動しだします。

f:id:tkbkun:20180710081650j:plain

ライトアップされた通り。お洒落な部分と古さが同居した面白い街です。

f:id:tkbkun:20180710081729j:plain

午前1時 この1時間後に日本がベルギーと戦いました。野外に大型スクリーンを設置したビアホール。ワールドカップは中国でも関心の的のようでした。しかしあの敗戦は無念でした。異国の地で泣きました(笑)

f:id:tkbkun:20180710071153j:plain

こちらが3泊した桂林のホテル。中堅クラスのホテルとのことですが、思った以上に快適でした。

f:id:tkbkun:20180710081827j:plain

f:id:tkbkun:20180710081858j:plain

   3泊4日のショートトリップでしたが、格安ツアーでメンバーにも恵まれ楽しい旅でした。とともに、中国自体が着実にソフトランディングしながら成長を持続していこうという戦略を感じることもできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桂林漓江川下りの旅

お元気ですか。少年シニアです。

2012年のブータンへの旅から6年ぶりに海外旅行にいってきました。

行先は中国の桂州。水墨画の世界を味わいたくて上海でも北京でもなく迷わず

桂州を選びました。3泊4日のショートトリップでしたが、なかなか中身の濃

い旅でした。(6月30日~7月3日)

 

2日目いきなり最大のハイライト。漓江の3時間半の川下りです。船酔いたた対策に事前に薬をのもましたが、殆どゆれることなく快適なクルーズでした。

f:id:tkbkun:20180710053945j:plain

さっそく水墨画の奇岩が続々とあらわれてきました。

f:id:tkbkun:20180710054049j:plain

対岸に馬が見えました。のどかな気分になれました

f:id:tkbkun:20180710054135j:plain

岩の形が色々なものに見えて、想像力を高めてくれます。

f:id:tkbkun:20180710054218j:plain

ガイドさんの話によるとこの岩に9頭の馬の形があるそうです。全部わかったら国家主席になれるそうです。私は3頭がやっと。出世できなかったわけだ((笑)

f:id:tkbkun:20180710055952j:plain

クルーズ船がぶつかりそうになるほど、続々とクルーズ船が通ります。

f:id:tkbkun:20180710055601j:plain

対岸では、家族連れで水遊びをしている姿が。子煩悩な中国人が多かったですね。

f:id:tkbkun:20180710055647j:plain

こちらのような形は「猫の耳」というそうです。

f:id:tkbkun:20180710054251j:plain

陽溯西街で下船。ここでは観光地らしく東洋と西洋をミックスした興味深い街。1時間ほど散策しました。

f:id:tkbkun:20180710054421j:plain

f:id:tkbkun:20180710054505j:plain

小皇帝? 母親の趣味だろうか。

f:id:tkbkun:20180710054542j:plain

とにかく歩いて浮き浮きする街並みでした。

f:id:tkbkun:20180710054628j:plain

f:id:tkbkun:20180710054703j:plain

この赤人はいったい何者? この町のシンボルキャラクターなのかな。

f:id:tkbkun:20180710054737j:plain

半月の形の穴があるので月亮山というらしいです

f:id:tkbkun:20180710054815j:plain

3時間半の川下りと1時間の町散策。ツアー仲間とも徐々に親しくなり、楽しい旅

でした。