少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

不幸を遠ざける少欲知足を目指す

 スリランカへ行ったことを契機に,仏教の法(ダルマ)に関心をもつようになった。「結果には必ず原因がある」という科学に通じる考え方、宗教的な部分の薄さも抵抗感なく近づけたのだと思う。ゴータマ・ブッダの教えによれば、キリスト教イスラム教のような「祈り」という行為にそんなに重きをおいていないことがわかる。ゴータマ・ブッダが最も重要視するのは、ひとえに「八正道の実践」だ。極端なことを言えば、まったく寺院に参拝しないが、結果として八正道を実践している人の方が、いくら寺院を参拝しても八正道を実践していない人より悟りに近い人であると考える。

 

f:id:tkbkun:20190329083733j:plain

           ♢      ♢      ♢

 私のような凡夫は、はなから八正道を完全に実践することは不可能である。目標とするのも危うい。それを目指せば「できない自分」を否定し、自信喪失に陥るのは間違いない。そこでできることは、「少欲知足」を心がけることだ。欲望を捨て去ることはできないが、欲望を抑制し、それにあまり不満をもたない状況はできるかもしれない。完全を求めるのではなく、少し意識して行動することを心がけてみよう。

            ♢      ♢      ♢

 私がゴータマブッダの教えで懐疑的なのは「輪廻転生」の考え方だ。ただ、輪廻転生の考え方はゴータマブッダのオリジナルではなく、ヒンドウー教の基本原理だという。ゴータマブッダ自身は、仏教を布教するにあたって、ヒンドウー教の基本原理をベースにした方が受け入られやすいと考えたのかもしれない。また、そうした原理を設定しておいた方が人々が謙虚に生きるのではと考えたのかもしれない。ただ私には因果応報という合理的な思考をもったゴータマブッダが、地獄や輪廻転生といった死んでみなければわからないことを、本当に信じていたとはあまり思えないのである。

            ♢      ♢      ♢

 幸福の定義にもよるが、私は仏教は「幸福になる道」を指し示すのではなく、「不幸にならない道」を指し示す教えではないかと感じている。あまり評判はよくなかったが菅直人元首相が唱えた「最小不幸社会の実現」に通じるものが仏教にはあり、そうした謙虚で地に足のついた教えが、多くの人に受け入られているのではないかと思っている。

スリランカ後編(寺院・街・文化)

スリランカは、出家して修行したもののみが解脱できるという上座仏教。(日本は出家・在家に限らず修行や行いによって解脱できるという大乗仏教)。紀元前3世紀に仏教に帰依したインドの大帝アショカ王の命によって、その息子マヒンダがスリランカに渡り、スリランカ国王に説教したことで仏教が国内に定着した。旅していると、到るところでスリランカの人々の厚い信仰心を感じることができた。

 

 

紀元前3世紀 アショカ王の娘サンダミッターがスリランカの王にブッダが入滅した菩提樹から株分けされた株を授けた。

f:id:tkbkun:20190329080450j:plain

 サッガミーターがスリランカ王に授けた菩提樹の株。約2200年前の株がスリランカの人々の厚い信仰心によって守られている。

f:id:tkbkun:20190329081943j:plain

仏塔スィーパー。ネパールで見た仏塔には目があり怖い印象たが、スリランカの仏塔は質感があり穏やかだ。

f:id:tkbkun:20190329083733j:plain

 ホテル庭園から仰ぎ見たシーギリヤ。父を殺したカッサパ王子は弟からの攻撃を恐れ、この大岩の上に軍事拠点をつくり、各地から女性奴隷を捕まえ、ここに酒池肉林の世界を築き、さらに悪行を重ねた。カッサパ王子はその後、弟の軍の侵攻を許し山頂で自害した。悪行を重ねた王子の死地が、世界遺産となりスリランカ最大の観光施設となり多くの富を国内にもたらしているのは皮肉というしかない。

f:id:tkbkun:20190329081617j:plain

山頂まで1200段の階段をを歩かねばならない。酷暑の日は老人にはきついが、ゆっくり歩けば大丈夫だ.

この角度からみた岩がライオンが鼻を突きだした横顔に見えるというガイドの指摘で写真をとった。

f:id:tkbkun:20190326182420j:plain

 シーギリヤ山頂から眺められる白い大仏像。カッサパ王子亡き後建造された。大仏が王子の霊の悪行を監視しているかのようだ、

f:id:tkbkun:20190329101711j:plain

 下から見上げるとコブラの喉元に見える。

 コブラは蛇の王で、このシーギリヤを外敵から守る象徴だという。

f:id:tkbkun:20190329081542j:plain

 シーギリヤに隣接したホテル「シーギリヤビレッジ」。中級クラスのホテルとガイドには記されていたが、広々とした庭園の中のコテージに宿泊し、ゆったりと寛ぐことができた。

f:id:tkbkun:20190331122148j:plain

聖地であり古都であるアヌダープラからコロンボにつなっがった鉄道。

 f:id:tkbkun:20190329081656j:plain

 

 ライオンは、スリランカの国旗にも描かれている聖なる動物。ライオンはアフリカのみならず、インドにも棲息する。インドライオンは上野動物園で見ることができる。

f:id:tkbkun:20190329082023j:plain

スリランカの旅 前編(人・生物)

            💛      💛       💛

日本語学校の冬学期も終わったので、実質3日間だがスリランカに行ってきた。私が勤務している学校は、スリランカからの留学生が多く、これまでの4年間で約80人ほど教えてきた。それでいつか彼らのホームグラウンドに行こうと思っていたが、今回その夢をかなえることができた。

           💛      💛       💛

スリランカの学生は、よく話しよく笑いよく聴く。試験などの得点は決して高いと言えないし、アルバイトなどの疲れから授業中に寝てしまうこともしばしばだ。ただ、憎めない可愛らしさと、怒るとしょげる素直さもあって、私は好きだ。歌も好きで、私が文法理解のために日本の歌を聞かせると喜んでくれる。

           💛      💛       💛

スリランカは仏教の国で島国で、日本との共通点も多い。スリランカの旅は実質3日間だったが、現地に行ってようやく理解できたことも多く、楽しく収穫のある旅になった。今回は、スリランカの人々と自然豊かな環境でのびのび暮らす生物をご紹介する。

 

古都アヌラーダプラに寺院前の公園内でみかけたスリランカの家族。息子さんが私がカメラを向けているのに気づき笑ってポーズをとってくれた。

f:id:tkbkun:20190326181601j:plain

こちらは寺院でも博物館でもなく私が泊まったホテルのエントランス。ホテルのスタッフは皆親切で愛嬌があって親切な人たちだった。

 f:id:tkbkun:20190326232535j:plain

オレンジ色の袈裟が僧侶の象徴。近寄りがたい雰囲気は一切なく、参拝者にも気軽に会話をしていたのが印象的だった。f:id:tkbkun:20190327053818j:plain

 こちらはシーギリアの頂上で記念撮影をする高校生たち。小学生や中学生の団体も多く途中で知り合った中学生のグループとは一緒にスリランカの国歌を歌った。

f:id:tkbkun:20190327071038j:plain

 国立公園内でクロコダイルを発見! と言っても発見したのは現地ガイドのマティスさんでしたが(笑)

f:id:tkbkun:20190326232636j:plain

 猿はニホンザルよりも小型で、国立公園内のみならず、観光地やホテルの庭園などに到るところで見かけた。人間がもっている食物が目当てなのだ。

f:id:tkbkun:20190327071156j:plain

スリランカは何といっても象。野生の群れにいる子象の何と可愛いことか。

f:id:tkbkun:20190326182241j:plain

 林からぬっとあらわれた象。まさか目の前で象を見れるとは思わなかったので大感激!!!

f:id:tkbkun:20190327191016j:plain

 こちらは観光客を運んでくれる象と象使いのひと。今座席をセットしているところだが非常に手際がいい。

f:id:tkbkun:20190327054323j:plain

孔雀はスリランカの国鳥としてあがめられている。

f:id:tkbkun:20190327054630j:plain

仏教の聖地スリランカに蓮の花はよく似合う

f:id:tkbkun:20190327071538j:plain

 

追悼:ザ・デストロイヤーさん

拝啓 ザデストロイヤーさん

 

 本当にお疲れ様でした。私が5歳のときから、時には恐ろしい存在として、時には畏敬する存在として 時には親しみを感じる存在として、私の心に大きな衝撃を与えました。最初にみたのは5歳のとき。力道山と戦っていたあなたを見て、こんな恐ろしい人間が世の中にいるんだということを感じました。圧倒的に強いと思っていた力道山があなたの4の字固めに苦しめられている姿や、覆面で顔をかくし、ときにその覆面の中に凶器をしのばせ、力道山を血まみれにした姿を観て私は怖くて泣きました。

 

「デストロイヤー...」の画像検索結果

           💛     💛     💛     💛

 2回目の出会いは、11歳のときです。漫画タイガーマスクの影響で本格的なプロレスファンになりたての頃、あなたが久しぶりに来日し、ときの王者ジャイアント馬場と死闘を繰り広げました。あなたが39歳、プロレスラーとしてもはやピークを過ぎたものの、それを上回る経験値で、当時33歳の選手として最もピークを迎える馬場に互角以上の戦いをしました。そして伸び盛りの猪木に胸をかし子供扱いしました。

 

         💛     💛     💛     💛    

 その後宿敵となるアブドーラブッチャーが来日、少しづつヒール(悪役)のトップをブッチャーに譲るようになっていきます。しかし、あなたは真のプロフエッショナルでした。ジャイアント馬場が独立し、自陣のベビーフエイス(良役)が手薄になると馬場の要請を受けて、日本人側の味方になり、アブドーラブッチャーをはじめマークルーインなど、超ヒールの一流レスラーと抗争を繰り広げ、基盤の弱い全日本プロレスを支えました。あなたは自分に何が求められているかをすぐ理解し行動にうつし、見事にそれをやりとげたのです。

         💛     💛     💛     💛

 その後、ジャンボ鶴田という馬場の後継者があらわれ、またファンク一家が馬場のプロモート権を握ると、全日本プロレスの中のあなたの存在価値は弱くなり次第に出番が少なくなりました。それをあなたは最終的には受け入れました。あなたはお笑番組に出たり、日本の青少年のレスリング指導などに注力するようになります。

しかし、あなたがいなければ間違いなくその前に全日本プロレスは基盤の弱さのため崩壊していたでしょう。あなたはそういう意味で、アブドーラブッチャーやスタンハンセン ビルロビンソンなどと並んで、日本のプロレス界の隆盛になくてはならない存在でした。

            💛     💛     💛     💛

 またあとで知りましたが、東日本大震災では現地に赴き、さまざまな形の支援をおこないました。あなたも自分をこれだけ愛してくれる日本を愛していたんですよね。

あなたはレスラーとして 人間として超一流の人でした。あなたはプロレスを通して幸福になるためには、自分一人ではなれない。周りの人間(時にファン 時にはライバル)がいるからこそ自分も光る 相手を光らすことが自分を光らせることになることを、熟知していたんですね。

          💛     💛     💛     💛

もう一度言わせてください。あなたは日本のプロレス界にとって、そして私にとってなくてはならない存在でした。力道山・馬場という二世代をまたいだ日本のヒーローの強烈なライバルとして君臨したあなたはまぎれもないヒーローです。

心からご冥福をお祈りします。そして最後にこれまで本当にありがとうと言いたいです。さようなら ザ・デストロイヤー

かっこ悪い老人が権力をもつと・・・

前回かっこいい老人にふれたが、テレビの国会中継で2人のかっこ悪い老人を見てしまった。一人は二階氏でもう一人は麻生氏だ。ふつうのご老人なら問題はないが、この2人は現在の内閣を支える重鎮で絶大な権力をもっているので、これはやっかいであり見逃すわけにはいかない。

                 👤

 その二階氏が何と、再び党内の規則を変えて安倍首相の4選をもくろんでいるらしい。その目的はポスト安倍に対する不安(選挙で自民党が負け、場合によっては自分も落選する危惧がある)と、4選の道筋をつけて安倍首相に恩を売り、自ら幹事長も含めた重要ポストに居座り続けたいという野心がかいまみられる。

            👤         👤

 正直二階氏率いる二階グループにはろくな議員がいない。今回、婦女暴行で問題となった議員もそうだし、被災地で自己責任論を言ったり「東北だからまだよかった」発言をした議員、池江選手の人命よりもオリンピックのメダルへの影響を心配した議員 度重なる公職選挙法違反やスピード違反をおかしても引き続き国政を担っている議員、すべて二階グループのメンバーであり、彼らはグループ内ではそれぞれが重鎮的な役割をはたしているというからあいた口がふさがらない。

よほど評判が悪かったのか、二階氏の息子は二階氏の影響力が鉄板の和歌山の県会議員を落選した。いずれにしても二階氏は、とにかく頭数ほしさにどんな政治家でも受け入れているように見える。いずれにしても即刻政界から去っていただきたい。

f:id:tkbkun:20190227061300j:plain

           👤     👤     👤

 もう一人のかっこ悪い老人の麻生氏は、副首相なのでよくテレビに映っているが、ぞんざいな座り方をしてほとんど目をとじている。おそらく半分は寝ているのではないだろうか。そして自ら安倍首相の傲慢さを批判していた野田聖子氏が議長という存在でありながら、まったく麻生氏を注意しない。ふつう企業の重要な会議で社長がしゃべっているのに副社長があんなかっこうで寝ていたら、即刻くびだろう。野田氏が権力にこびない本当に素晴らしい人で、さらに女性首相を目指すなら、きっちりと注意してもらうところから始めてもらいたい。今の国会の風景をこどもたちに見せることはできない。

          👤    👤     👤    👤

 つい先ほども少子化問題でまたや子を産まない人を誹謗中傷していたが、麻生氏の仕事は安心して子供を産みやすくする環境を整えることであり、個人に説教をたれる(それも的はずれな説教)ことではない。絶大な権力をもっているのだから子供が安心して産める日本に自らのリーダーシップをもってひっぱるのが筋だ。そうしたことをしないなら即刻引退して若い者に道を譲ってあげて頂きたい。

 前回ふれた堀文子さんや動画の元ジャズドラマーのおばあちゃんに較べると、この2人の権力者は人間の魅力では足元にも及ばない。これだけ人生の密度に差がつくかと思うと、老をどう生きぬくかは本当に大切だと思った次第である。

かっこいい老人になりたい

 ひとりの人として尊敬していた画家の堀文子さんが100歳で亡くなられた。100歳というきりのいい歳で亡くなられたのも、いかにも堀さんらしいと思った。幸いなことに堀さんは画家だから作品は生涯残る。ひとつひとつの作品を丁寧に描かれていて、奇をてらうことのない素直な素晴らしい作品を数多くつくられた。

                👤

 絵だけでなく自分の生い立ちや考えを文にされていたが、一言でいえば「かっこいい」、いまはやりの言葉で言えば男前の方だったように思う。彼女の絵はすべて「生命」が軸になっていて、80歳をすぎてミジンコなどの微生物に関心をもたれ、精力的に微生物をかかれた。若い頃は東大で学校側の要請に応じて、生命の身体構造の絵を書かれていたことを自伝で知った。いずれにしても死ぬまで知的好奇心の旺盛な方だった。

「堀文子」の画像検索結果「堀文子」の画像検索結果

            👤         👤

 ある著名人が掘さんを毒舌家と言っていた。確かにストレートな言い方で権力にもストレートに物言いする方のように感じたが、著書からは毒舌家とは感じなかった。堀さんの文筆や絵画作品から毒を感じたことはなく、むしろ非常に謙虚に素直にものごとを見られている方だという印象が強かった。高齢化社会になって、高齢化にともなう「きれ」が問題になっているが、それは目標と好奇心を失ったなれの果てともいえる。

          👤       👤       👤

自分もついに還暦を迎え、些細なことで怒ってしまうかっこ悪い寄りには絶対になりたくない。しかしそのためには、そのことを強く意識して自戒するようにしなけらばならない。決して手なりで行動していては、そんなかっこいい老人にはなれない。かっこいい老人になるためには、それなりの努力が必要だ。

あっ!もう一つ忘れていた。努力だけでなく勇気が必要だ。堀さんには、その勇気もあった。彼女は80歳すぎにブルーポピーを求めてヒマラヤまで出かけたのだ。

         👤      👤      👤     👤

このおばあちゃんにも堀さんの匂いを感じる。お孫さんに好かれる祖父母は、必ずかっこいいのだ。私もそうありたいと思っているが・・・。

 


ドラムを演奏するおばあちゃん  A列車で行こう

 

 

こどもへの虐待罪は通常の罪よりも重くすべき

その昔、尊属罪なるものがあった。尊属とは自分の配偶者や直系の自分より目上の者

(両親や祖父母など)を指し、尊属罪は、無期懲役か死刑のみという形で、従来の殺人より重い罪が課された。これは秩序を維持するために権力者側がつくった物語によるもので、儒教などの教えがこれを正当化した。

            ♡   ♤   ♢   ♧

 しかし、昨今のこどもへの虐待死をみるにあたり、これは逆ではないかと思うようになった。親の意志によって子供は生まれたのであり、子供は自分の意志で生まれたのではない。こどもは親を選ぶことはできない。したがって、自らの意思で子供を産んだ、また親となった両親は子供の安全を最も尊重し、子供に身の危険が及んだときは体をはってでも子供を守らなければならない。

チーターのメスは、自分より力が勝るライオンが相手でも、こどもを守るためにはひるまず立ち向い追い払おうとする。これは本能によってそうした行動をとるのだ。大半の動物が同じだ。ところが人類だけがこの本能を失って、自分の子供(特に歯向かう力のない乳児や幼児など)に虐待をおこなって死に至らしめることをする者が少なからず存在する。

f:id:tkbkun:20190217065327j:plain

           ♡   ♤   ♢   ♧

 倫理観を基準に考えれば最も倫理観の欠如した行為である。とするならば、こうした事件により殺された子供たちの死を無駄にしないためにも、こどもへの虐待死は通常の犯罪よりも、ずっと重くした方がよいのではないか。

 今回の心愛ちゃんの事件であれば、傷害致死罪ではなく殺人罪を適用したうえで、死刑を含む極刑に課すのだ。彼の場合は、虐待していた行為を録画していたという信じられない行為に及んでおり、こどもへの愛情は微塵も感じられず、物扱いしている。愛のない彼らが心愛という名前をこどもにつけたというのは、何とも皮肉だ。いずれにしていまだに罪を認めようとしないこんな人間に今後改心するかは極めて疑問だ。

            ♡   ♤   ♢   ♧

 学校や児童相談所、警察の連携を強化し、必要な人材を確保することはもちろんだが、それだけでは不十分だ。子供を守るためには法の改正が必要であり、それができるのは政治家だけだ。その政治家が、桜田大臣のように人の生き死にの問題よりも国家のメダル数を優先するような意見をはくなど、極めて鈍感な人たちが多い。まずは、まっさきにこどもへの虐待への罪への法的措置を検討すべきだと思う。

            ♡   ♤   ♢   ♧

いまだに儒教的な要素が残る日本ではこどもは親のものだという考え方が強い。ただそれはあくまでも真っ当な親であることが前提だ。親としてあまりに不適であり、こどもの安全を真っ先に確保すべき親が、その逆の行為をしている場合は、国家や社会がこどもを親から引き離し安全を確保すべきではないか。

法的な整備は、そうしたあるべき親の義務への強い社会的なメッセージとなる。