読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

Dreame Walk 

お元気ですか。少年シニアです。 暖かくなるにつれ、ぶらぶら歩きの時間が増えてきました。 私の一番の趣味は、ただただ気持ちのいい所をぶらぶら歩きをすることです。 このたわいもない趣味にどれだけ今まで心身ともに助けられたことでしょうか。 ぶらぶら…

生命の星に生まれてきた幸運に感謝して

お元気ですか。少年シニアです。 いよいよ3月 春の到来 生命が動き出す季節となりました。 一年前の3月 私は小笠原諸島を旅しました。いまも思い出すのは海の碧さ。 「ディープブルー」ならぬ「ボニンブルー」。そして燦々と輝く太陽。 またこの碧さが恋し…

思い出の共同通信杯

お元気ですか。少年シニアです。 この寒さで仕事がある日以外は家にこもる毎日が続いていましたが、今日はひさし ぶりに外出しました。行先は「府中競馬場」。 皐月賞・ダービーにつながる3歳馬限定の「共同通信杯」がお目当てです。 実は、私が競馬場…

過剰な人間世界への危惧

お元気ですか。少年シニアです。 「過ぎたるは及ばざるがごとし」という諺がありますが、 人間を表現するのにこれほどふさわしい言葉はないと思います。 人間以外の動植物も生きるがための闘争をしてはいるのでしょうが 自然の摂理に逆らうことはなく、その…

飾らぬ横綱 稀勢の里の見事な口上

お元気ですか。少年シニアです。 稀勢の里が晴れて横綱に昇進しました。私も一相撲ファンとしてこの日を 待っていました。30歳という年齢から遅咲きと言われますが、むしろここ からが稀勢の里の黄金時代に向かうのではないかと思っています。 昨年あたりか…

60歳ジプシーの愛は無限大

お元気ですか。少年シニアです。 多摩動物公園には、58歳の私より年上のオランウータンがいます。 ジプシーおばさん(御婆さん?)です。何と御年60歳。 歳も歳だけに、この冬場戸外に姿を見せてくれるだろうか。いても奥の方で 何もしないで寝ているだけじ…

妄想昭和40年代紅白(第2部)

お元気ですか。少年シニアです。 前回に引き続き昭和40年代の妄想紅白第2部(後半〜フィナーレ)とまいります。 よろしかったらおつきあいください。 【モダンG対決 ブルーコメッツVSピンキーとキラーズ】 昭和40年代の音楽はグループサウンズの存在なくし…

妄想昭和40年代紅白(第1部)

お元気ですか。少年シニアです。 年末恒例の紅白歌合戦。最近の紅白 悪くはないものの、紅白の全盛時代の熱気 を知っている私としては、少々ものたりない気もしています。 そこで、自分が少年時代に流行った歌を中心に自分の好みの紅白歌合戦のベスト な編成…

平成29年初場所3日目 各力士の熱き想い

お元気ですか。少年シニアです。 こちらも毎年恒例の初場所観戦。予定より早く両国に着き、時間があったので 会場入りする幕内力士を近撮することにしました。 思った以上に各力士が神妙な表情で会場入りしたことに驚きましたが、考えてみれば 命を懸けた決…

2017江ノ島・初富士・初ぜんざい

お元気ですか。少年シニアです。 5日は初富士を拝むべく満を持して江ノ島へ行ってまいりました。 到着時は少々雲がかかっていましたが、次第にその全貌を見せてくれた富士。感謝。 初富士に今年の干支「鳥」が舞う。こいつぁ春から・・・・。 次第に雲も薄…

2017箱根駅伝〜大磯の海〜ホルトの木

新年あけましておめでとうございます。 少年シニアです。今年もどうぞよろしくお願いいたします。_(._.)_ さて今年の箱根駅伝の応援は、大磯でと昨年から決めていました。 大磯には、私が尊敬する98歳の画家堀文子さんのアトリエがあり、その敷地には 堀…

2016年超個人的振り返り

お元気ですか 少年シニアです。 今年も残すところ今日1日。1年経つのは本当に早いものですね。 人生の書き置きというか遺書というか、そんな気持ちでブログをはじめて約2年半。 2016年は、自分にとってどんな年だったのか つらつらと書き残しておきます。…

死ぬことは生きること 「聖の青春」を観て

お元気ですか。少年シニアです。 ようやく時間がとれ「聖の青春」を観ました。期待を裏切らない良質な映画でした。 11月19日(土)公開 映画『聖の青春』予告編 ☗ ☗ ☗ ☗ 私が将棋を始めたのは10歳ぐらいだったと記憶しています。 めきめき才能を開花させて…

暮れの恒例行事 魁夷記念館➡中山大障害

お元気ですか。少年シニアです。 こちらは市川市にある東山魁夷記念館のレストランの庭園です。 ここのビーフカレー じつに美味なんです。ビーフが口の中でとろけます。 記念館で魁夷の作品を堪能して、味わうビーフカレーは極上です。 そして帰りにレストラ…

バッハ愛聴月間3「マタイ受難曲〜大阪弁訳」

お元気ですか。少年シニアです。 バッハ3は、「マタイ受難曲」。壮大なスケールで、モーツァルトの「レクイエム」 と並ぶ名曲。歌詞がわからなくても十分堪能できるものの、やはり歌詞がわかれば、 曲への理解も深まるというもの。そこで、少しひねりをいれ…

北斎の聖地に行ってきました

お元気ですか。少年シニアです。 先般高齢になればなるほど生命感溢れる絵を描く画家として、白寿を迎える堀文子 さんを紹介しました。 その先駆者が、日本が誇る天才画家 葛飾北斎ではないでしょうか。 あの「富嶽三十六景 」はじめ我々が知っている名作の…

バッハ愛聴月間その2「グールドが愛したバッハ」

お元気ですか。少年シニアです。 バッハのピアノ演奏といえば、やはりこの人「グレングールド」。 常に完璧な音づくりを求めた音楽界の改革者。 このグールドが同じく天才肌のモーツァルトや同じく改革者であるベートーベン よりも安定感抜群のバッハの曲を…

枯葉讃歌

枯葉讃歌 枯葉よ 枯葉よ 自らの任務をきっちり成し遂げて あなたの母にわかれをつげた枯葉よ あなたの潔さに わたしはただただこうべを垂れ その姿を少しでも目に焼き付けたくて 時を忘れひたすらシャッターをきった。 あなたは死んだのではあるまい 土に還…

超私的バッハ愛聴月間その1【トッカータとフーガ】

お元気ですか。少年シニアです。はやいもので年の瀬12月に突入しました。 毎年12月になると、私の体内にバッハの旋律を強く求める欲望渦巻きます。 この月だけは、モーツアルトもベートーベンもご遠慮いただき、バッハ三昧に浸る ことに無上の歓びを感じ…

堀文子さんの気概に触れたくて

お元気ですか。少年シニアです。 昨年に引き続き「堀文子展」に行ってきました。堀文子さんは白寿を迎える 画家で、生命を描くことに心血を注がれているかたです。 本日は最終日でしたが、昨年同様訪れる人が絶えることはなく、盛況でした。 ご本人の著書に…

錦秋(JAPANカップ府中競馬場編)

お元気ですか。少年シニアです。 府中の競馬場界隈が赤や黄で色づく頃、国際レースジャパンカップが開催されます。 今年は27日。紅葉散策も兼ねて極力足を運んでいます。 ただ今年は午後から雨という予報もあったので、午前中に出かけ4レースの新馬戦 だ…

11月東京の白秋を歩く

お元気ですか。少年シニアです。 まさかの11月の東京市街地での積雪。紅と黄の世界がまたたくまには白の世界に。 まさにこれが白秋??? 。 幸運なことに、本日は授業担当外の曜日だったので、酔狂 にも雪が降り続ける中、白秋の水辺を小一時間ほど歩きまし…

錦秋(鎌倉中央公園〜北鎌倉編)

お元気ですか。少年シニアです。 先日の京都がトンボ帰りで少々消化不良だったこともあって、それを補うべく鎌倉 を歩いてきました。いつもは北鎌倉〜鎌倉駅(時間があれば江ノ島へへという流れ で歩くのですが、今回は「湘南モノレールに乗る」と「鎌倉中央…

京都秋景色【四条・鴨川デルタ】

お元気ですか。少年シニアです。 所用があって日帰りですが京都に行ってきました。 あわただしい一日で京都の秋を愉しむ余裕はありませんでしたが、ところどころ 京都らしい風景に出会えました。 ↓ 与謝蕪村の終の棲家になったところ。蕪村は奥さんの勧めで…

玉川太鼓はクールだ!

お元気ですか。少年シニアです。 昭和音大とともに毎年出向くのが玉川大学の学園祭です。 お目当ては芸術学部の「玉川太鼓」。今年もアメリカ公演バージョンの演目を再現 してくれましたが、力強い剛の部分と日本らしい繊細な柔の部分が程よく交わりあ って…

錦秋(都民の森 奥多摩湖編)

お元気ですか。少年シニアです。 東京も、山間部の方から錦秋の気配になってきました。(錦秋という言葉は 同名の宮本輝の小説「錦秋」で初めて知りました。言い得て妙ですね) 本日、以前より行きたい行きたいと思っていた東京都檜原村にある「都民の森…

昭和音大祭で聴いた懐かしの名曲

お元気ですか。少年シニアです。 昭和音大の音楽祭が本日5日より開催。初日、さっそく行ってきました。 音楽に真摯に向きあう若者たちの個性あふれる演奏を聴くのは至福の時間です。 私はご近所ということもあって、この数年ずっと出かけています。 オリジナ…

自信について

お元気ですか。少年シニアです。 人生の最終章に入って感じることなんですが、人生にとって一番つらいことは、 自分を信ずることができないことだと思っています。 逆に言えば、自分を信じられるよう自分なりに準備・工夫していくことが人生 なのではないか…

やはり雲は天才である

お元気ですか。 少年シニアです。夕方散歩に出ようとしたら、こんな雲が出迎えて くれました。 ヒコーキ雲ならぬ、ロケット雲??? まさか東京でロケットは飛ばすまい。 やはり自然の創作か?神の怒りか? 石川啄木ならぬ、やはり「雲は天才である」と思った次…

伊豆熱川で生マナティーをはじめて観る!

お元気ですか。少年シニアです。 「やっと会えたね」 某作家が某女優にプロポーズした時の言葉ですが、伊豆熱川で生のマナティーと ようやく対面できたとき、この言葉が浮かんできました。 ここは「熱川バナナ・ワニ園」。 ここに推定53歳のマナティーが、穏…

日本の歌に通じるベトナムの歌【美しい昔】

お元気ですか。少年シニアです 先日、職場の日本語学校で面白いことがありました。 ベトナム人のF君が、休憩中に私にスマホの動画をみせてくれました。 それが下の動画で天童よしみさんと島津亜矢さんが歌っている動画です。 へぇー 日本の演歌に興味をもっ…

いい音楽は世代を超える「ひで&たま」

お元気ですか。少年シニアです。 この一か月公私とも結構忙しくて更新がとぎれていました。 久しぶりの「カキコ」です。 ユーチューブで素敵な夫婦デュオの歌うフォークソングを見つけたのでご紹介。 デュオのお名前は「ひで&たま」 とにかく歌い方がシンプ…

自分自身に語りかける歌が好き

お元気ですか。少年シニアです。 「歌は世につれ、世は歌につれ」なんていいますが、確かにそれはあたって いるんだと思います。 私の青春時代に流行った歌は、どちらかと言えば、人に何かメッセージをおくる というより、おぼつかない自分に語りかける歌が…

想い

お元気ですか。少年シニアです。 昔撮った写真のアルバムが部屋のスペースをかなり占有していたので、久しぶりに アルバムの整理をしました。写りの悪いものや同じような写真はすべて処分して かなりすっきりしました。 ほとんどが家族の写真でしたが、…

じたばたしない

お元気ですか。少年シニアです。 今年は猛暑だそうです。こんなときは自然に逆らわず 彼らのようにじたばたせず何もしないことも一考かも (神奈川県 野毛山動物園にて撮影)

わたしの宝物

お元気ですか。少年シニアです。 日本語学校の方は春学期が先週で終了し、いまはお休み中です。 7月半ばから夏学期がスタートしますが、どんな出会いがあるのやら。 楽しみ半分 不安が半分というのが正直なところです。 ♡ ♡ ♡ ♡ 学期は3か月単位で、教える…

大切にしていること

私が大切にしていること いま自分にとって大切なことは何かを正しく認識して それを粛々と実行すること それがわずらわしいことであろうと気の進まぬことであったとしても 自分にとって大切なことなら、ひと踏ん張りしてやるしかない 事実から目をそらさず …

旧ソビエトで大ヒットした日本の流行歌

お元気ですか。少年シニアです。 独特な節回しのロシア歌謡が好きで、ユーチューブで色々と検索していたところ 下のような動画を見つけました。 えっ! あのザ・ピーナッツが歌っていた「恋のバカンス」も原曲はロシアだった のか??? でも後半では、ロシ…

じっとしていない生きもの それが猿

お元気ですか。少年シニアです。 猿をじっと見ていると なにか落ち着かなくなります。 それは やはり自分が猿に近い生き物だからでしょう。 猿は暇な時には、仲間の猿のまぶたや耳をひっくりかえしてなにかを調べている。 虱でも探しているのか、別に何も探…

あるがまま 今を生きる

お元気ですか。 久しぶりに我が家のユーのアップです。 猫に限らずだけど 生き物をみていると どうして心地いいんだろう おそらく彼らの姿が「あるがまま」だからなんだと思う 「あるがまま」の姿だから美しいんだ 人間は精神をもっているから 「あるがまま…

此処はどこ???

お元気ですか。少年シニアです。 こちら以前江ノ島でとった写真です。 南氷洋の写真ではありません(笑) どうして海の上をたっていられるんだろうか???

自分を信じる力とやり抜く力(稀勢の里 讃)

お元気ですか。少年シニアです。4か月ぶりの相撲観戦です。 白鵬と稀勢の里戦を想定して13日目の二階B席を何とかゲットしたのですが、 12戦全勝同士のこれ以上望めない形で当日を迎えることができました。 稀勢の里にとってこれに勝てば、優勝のみなら…

諸行無常なれど

お元気ですか。少年シニアです。 生まれ育った時代からか、カラオケなどではフォーク系の歌を歌うことが多い 私ですが、「あの素晴らしい愛をもう一度」も好きな歌のひとつです。 加藤和彦と北山修 あの素晴しい愛をもう一度(ライヴ) あのとき同じ花をみて…

芸術・科学 イタリアの溢れる魅力

お元気ですか。少年シニアです。 芸術の科学と、科学の芸術を研究せよ こちらレオナルド・ダヴィンチの言葉です。 芸術と科学を違和感なく結びつけるダヴィンチならではの言葉だと思います。 先月まで江戸東京博物館で開催されていた「レオナルド・ダヴィン…

オキゴンドウと妖精たち【ドルフェリア】

お元気ですか。少年シニアです。 GW中、江ノ島で心の洗濯をしてきました。楽しみの一つは「新江ノ島水族館」。 そして私にとって思いがけぬサプライズがありました。それは「ドルフェリア」。 音楽とイルカたちのパフォーマンスを融合したアーティスティッ…

我ありて、すでに花ひらく

お元気ですか。少年シニアです。 先日ウォーキング中に とあるお寺にこのような言葉が掲げられてるの見ました。 「念ずれば花ひらく」 素直にいい言葉だと思いました。「思う/願う」ではなく「念ずる」というとこが ポイントかなと思います。念ずるとは「そ…

多士済々 バードフェイス

お元気ですか。少年シニアです。 今度生まれ変わったら絶対、鳥になりたいと思っています。 今回は 多士済々の鳥の顔にスポットを当てて、彼らにつぶやかせてみました。 シロフクロウ「まあ 怒りないな」(関西弁) ペリカン「俺の彼女に手を出すんじゃねえよ…

日本語は何だか面白い

お元気ですか。少年シニアです。 留学生に日本語を楽しく教えるために歌は欠かせません。 また学生の眠気覚ましにも歌はいい。 そう思っていたら、いい歌がみつかりました。 その歌は「一年生になったら」。 作詞は まどみちおさん。作曲は山本直純さん。 こ…

おとなの動物の魅力

お元気ですか。少年シニアです。 ひさしぶりの動物園。 こどもの動物も可愛いけれど 成熟したおとなの動物の威厳や哀愁に満ちた姿も 味わい深いものがあるなと思い、シャッターをきりました。 今回は、そんなアダルトな動物の姿に勝手にお題をつけて いくつ…

OM MANI PADAM HUM

お元気ですか。少年シニアです。 前回 ネパールへ行ったときの話しを紹介したのですが、その時、色々な所で 聞こえてきたのが、この曲でした。 題して「om mani padme hum」 同じメロディと詞の繰返しなのですが、まったくあきることなく、む…