読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

思い出の共同通信杯

お元気ですか。少年シニアです。 この寒さで仕事がある日以外は家にこもる毎日が続いていましたが、今日はひさし ぶりに外出しました。行先は「府中競馬場」。 皐月賞・ダービーにつながる3歳馬限定の「共同通信杯」がお目当てです。 実は、私が競馬場…

妄想昭和40年代紅白(第2部)

お元気ですか。少年シニアです。 前回に引き続き昭和40年代の妄想紅白第2部(後半〜フィナーレ)とまいります。 よろしかったらおつきあいください。 【モダンG対決 ブルーコメッツVSピンキーとキラーズ】 昭和40年代の音楽はグループサウンズの存在なくし…

妄想昭和40年代紅白(第1部)

お元気ですか。少年シニアです。 年末恒例の紅白歌合戦。最近の紅白 悪くはないものの、紅白の全盛時代の熱気 を知っている私としては、少々ものたりない気もしています。 そこで、自分が少年時代に流行った歌を中心に自分の好みの紅白歌合戦のベスト な編成…

死ぬことは生きること 「聖の青春」を観て

お元気ですか。少年シニアです。 ようやく時間がとれ「聖の青春」を観ました。期待を裏切らない良質な映画でした。 11月19日(土)公開 映画『聖の青春』予告編 ☗ ☗ ☗ ☗ 私が将棋を始めたのは10歳ぐらいだったと記憶しています。 めきめき才能を開花させて…

暮れの恒例行事 魁夷記念館➡中山大障害

お元気ですか。少年シニアです。 こちらは市川市にある東山魁夷記念館のレストランの庭園です。 ここのビーフカレー じつに美味なんです。ビーフが口の中でとろけます。 記念館で魁夷の作品を堪能して、味わうビーフカレーは極上です。 そして帰りにレストラ…

錦秋(JAPANカップ府中競馬場編)

お元気ですか。少年シニアです。 府中の競馬場界隈が赤や黄で色づく頃、国際レースジャパンカップが開催されます。 今年は27日。紅葉散策も兼ねて極力足を運んでいます。 ただ今年は午後から雨という予報もあったので、午前中に出かけ4レースの新馬戦 だ…

玉川太鼓はクールだ!

お元気ですか。少年シニアです。 昭和音大とともに毎年出向くのが玉川大学の学園祭です。 お目当ては芸術学部の「玉川太鼓」。今年もアメリカ公演バージョンの演目を再現 してくれましたが、力強い剛の部分と日本らしい繊細な柔の部分が程よく交わりあ って…

オキゴンドウと妖精たち【ドルフェリア】

お元気ですか。少年シニアです。 GW中、江ノ島で心の洗濯をしてきました。楽しみの一つは「新江ノ島水族館」。 そして私にとって思いがけぬサプライズがありました。それは「ドルフェリア」。 音楽とイルカたちのパフォーマンスを融合したアーティスティッ…

上を向いて歩いた琴奨菊!

お元気ですか。少年シニアです。 琴奨菊が優勝しました。相撲内容も最高で、本当によかった! そして優勝後のコメントは更によかった。 周りへの感謝、そして毎日やるべきことをやれば結果は後からついてくるという 考え方、地に足がついた言葉から心技体の…

THIS IS 大相撲! がんばれ琴奨菊!

お元気ですか。少年シニアです。 東京初雪の日(18日)久しぶりの相撲観戦です。 色とりどりの和の空間。ここちよい世界が拡がっています。 白鵬 不知型の横綱土俵入り。気合いが伝わってくる素晴らしい土俵入りでしたが 本日(対栃煌山戦)の相撲内容は横綱…

暮れの中山 白馬が跳ぶ(第138回 中山大障害)

お元気ですか。少年シニアです。はやいもので今年最後の週末。 例年この時期はあれやこれやの想いを抱いて中山に行くのが習わしになっています。 まず総武線下総中山駅で降り、法華経寺を経由して「東山魁夷記念館」に足を運び 魁夷の静謐とした風景画を堪能…

ハッチは海を渡っていた!!!

お元気ですか。少年シニアです。 以前、「ドラえもん」の主題歌のアジアバージョンをアップしました。 私もベトナム語バージョンの練習を重ね、クラスの学生の前で披露したのですが ベトナム人のA君からは駄目だしをくらいました(笑) いま懲りずにインド…

光の海もいいものだ

お元気ですか。少年シニアです。 本来、人工的な物は苦手な方なのですが、イルミネーションは例外です。 ましてや、こちらクラゲやタコや二枚貝や三葉虫?らしき深海をイメージした トンネルがあって、そこを抜けると、あのハローキティがお出迎えしてくれる…

牝馬ラブラブビームに一目惚れしました!

お元気ですか。少年シニアです。 この時期になると、私は馬のきもちになって、考えることが多くなります。 秋のGⅠ戦線で馬券を買う機会が多くなるからです。 明日は天皇賞。当日は所用があるので、前日発売を買いに府中競馬場へ。 明日の馬券を買うだけでは…

色々なベトナムを味わう 〜ベトナムフェスタより〜

お元気ですか。少年シニアです。 前回に引き続き、神奈川県主催の「ベトナムフェスタ」のレポートです。 ベトナムは「元気」です。「勢い」があります。 入口のあたりで凄い人だかりと思ったら、ベトナムの民族芸能である「水上人形劇」 が実演されていまし…

ドラえもんの力は想像以上に凄いかも

お元気ですか。少年シニアです。 いまベトナム語でドラえもんの歌を歌えるよう特訓中です。 仕事でアジアの留学生に日本語を教えているのですが、ドラえもんは、どの国の 留学生にも大人気で話が盛り上がります。そこで、彼らの母語で唄を歌えるよう になれ…

今きたよ師匠をご存知ですか

お元気ですか。少年シニアです。 うっとおしい梅雨も 軽妙な笑いで吹き飛ばしたいものです。 先日 今いくよさんが亡くなりましたが、いくよくるよの師匠の「今きたよ」さんを 皆さんご存知でしょうか。 師匠が「きたよ」なので、弟子の名を「いくよ」「くる…

鉄道ごっこで見知らぬ街を探索した少年時代

お元気ですか。少年シニアです。 子供の頃、電車やバスの運転手さんに憧れていました。 特に電車は、かっこいい機器が運転席に並んでいて見飽きません。 少年の私は妄想しました。自分の名字を冠にした鉄道会社を創り上げたのです。 そして自分の家を始…

タイガーマスク 賛

お元気ですか。少年シニアです。 少年の頃に熱狂したもののひとつにプロレスがあります。 きっかけは、「ぼくら」という漫画雑誌に掲載されてた「タイガーマスク」を読んだ ことからでした。 虎の穴(タイガーが育った悪役養成所)が主催する覆面ワール…

私のお笑いの扉を開けた「横山ホットブラザーズ」

お元気ですか。少年シニアです。 私が名乗る少年シニアの「少年」とは主にいつ頃をさすのか? と知人に聞かれました。 私の感覚では、10-12歳頃。その時に自分が夢中になっていたこと。 それは「そろばん」「プロレス」「将棋」そして、大阪人らしく「お笑…

手なりで進めず、自分の頭で考えてみる

10年ぶりに「将棋世界」を買いました。日本将棋連盟が発行している月刊誌です。 少し大袈裟かもしれませんが、老化防止の観点からも頭の訓練の必要性を感じて、 以前よくやっていた将棋を使って、脳を刺激してみようというわけです。 将棋は小学生高学年から…

ラーメン博物館 昭和な気持ちで 年の暮れ

ずっと気になっていた新横浜にあるラーメン博物館にいってきました。 と言っても、ラーメンを勉強するのではなく、全国のおいしいラーメンを 食べるのが目的ではあったのですが・・・・ ぎょえ! 入場料とるんですね。310円 まあいいか、なんかラーメンに…

有馬記念の思い出(タマモクロス引き際の美学)

さて明日はいよいよ競馬のグランプリレース「有馬記念」です。 ファン投票による選ばれし駿馬が勢ぞろいして、今年最強の馬を決めるというのが 有馬記念の趣旨ですが、今年も中々いいメンバーが揃いました。 競馬をはじめて約30年強。つまり30回強、有馬…

点でなく流れで物事を考える事 【影丸伝より】

一時貪るように読んだ漫画 それが白土三平の「忍者武芸帳・影丸伝」でした。 稀代の革命忍者「影丸」は、ある時は単独で、ある時は一族の仲間たちと、 またある時は貧しい農民たちと連携して、権力者から富や土地を奪いかえす 戦国時代のヒーローです。 私は…

志ん生の口上は落語だ

昨日に続き、落語ネタで失礼します。 一番好きな落語家が、古今亭志ん生です。 残念ながら生で聞いたことはありません。 最初CDで聞いて、これこそが落語だと心酔しました。 流暢なしゃべりではありません。声もそんなに良いとはいえない。 でも味がある…

中島らもさんの落語

師走になると、カッチーニのアヴェマリアとともに聞きたくなるのが落語です。本来は年始のお笑いにということのなのでしょうが、どうも生理的に年の瀬も押し迫ったこの時期に無性に聞きたくなって、毎年新宿末広亭や浅草演芸ホールなどを覘いています。 …

菊花賞馬の意地エピファネイア ジャパンCを制覇

競馬とのつきあいは、ミスターシービー以来、30年近くになります。 シービーが三角まくりで菊花賞を制し3冠を達成したときも淀競馬場にいました。 隣で60歳にもなろうかというオジサンが感動の涙を流していて吃驚しました。 私もシービーの凄さと吉永騎手の…

56歳ではじめて行ったディズニーランド顛末記

昨日 はじめて東京ディズニーランド(正確に言えば、ディズニーシー)にかみさんと娘と3人で行ってきました。これまでは多分行けば楽しいだろうけど、凄く疲れるからやだと思って敬遠していたのですが、予想以上にの極上のエンターティンメントにもう感動し…

さあ凱旋門賞だ! 少年の心は躍る

2014年10月5日 凱旋門賞出走日本馬 - YouTube いよいよ凱旋門賞です。今年の日本3頭いずれも粒ぞろい。 悲願の世界の頂点に 少年に戻ったおやじの心は躍ります。 そして少年はえげつない怪物が好きです。 それは若き女傑ハープスター。 斤量差があると…