少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

音楽

Dreame Walk 

お元気ですか。少年シニアです。 暖かくなるにつれ、ぶらぶら歩きの時間が増えてきました。 私の一番の趣味は、ただただ気持ちのいい所をぶらぶら歩きをすることです。 このたわいもない趣味にどれだけ今まで心身ともに助けられたことでしょうか。 ぶらぶら…

妄想昭和40年代紅白(第2部)

お元気ですか。少年シニアです。 前回に引き続き昭和40年代の妄想紅白第2部(後半〜フィナーレ)とまいります。 よろしかったらおつきあいください。 【モダンG対決 ブルーコメッツVSピンキーとキラーズ】 昭和40年代の音楽はグループサウンズの存在なくし…

妄想昭和40年代紅白(第1部)

お元気ですか。少年シニアです。 年末恒例の紅白歌合戦。最近の紅白 悪くはないものの、紅白の全盛時代の熱気 を知っている私としては、少々ものたりない気もしています。 そこで、自分が少年時代に流行った歌を中心に自分の好みの紅白歌合戦のベスト な編成…

バッハ愛聴月間3「マタイ受難曲〜大阪弁訳」

お元気ですか。少年シニアです。 バッハ3は、「マタイ受難曲」。壮大なスケールで、モーツァルトの「レクイエム」 と並ぶ名曲。歌詞がわからなくても十分堪能できるものの、やはり歌詞がわかれば、 曲への理解も深まるというもの。そこで、少しひねりをいれ…

バッハ愛聴月間その2「グールドが愛したバッハ」

お元気ですか。少年シニアです。 バッハのピアノ演奏といえば、やはりこの人「グレングールド」。 常に完璧な音づくりを求めた音楽界の改革者。 このグールドが同じく天才肌のモーツァルトや同じく改革者であるベートーベン よりも安定感抜群のバッハの曲を…

超私的バッハ愛聴月間その1【トッカータとフーガ】

お元気ですか。少年シニアです。はやいもので年の瀬12月に突入しました。 毎年12月になると、私の体内にバッハの旋律を強く求める欲望渦巻きます。 この月だけは、モーツアルトもベートーベンもご遠慮いただき、バッハ三昧に浸る ことに無上の歓びを感じ…

昭和音大祭で聴いた懐かしの名曲

お元気ですか。少年シニアです。 昭和音大の音楽祭が本日5日より開催。初日、さっそく行ってきました。 音楽に真摯に向きあう若者たちの個性あふれる演奏を聴くのは至福の時間です。 私はご近所ということもあって、この数年ずっと出かけています。 オリジナ…

日本の歌に通じるベトナムの歌【美しい昔】

お元気ですか。少年シニアです 先日、職場の日本語学校で面白いことがありました。 ベトナム人のF君が、休憩中に私にスマホの動画をみせてくれました。 それが下の動画で天童よしみさんと島津亜矢さんが歌っている動画です。 へぇー 日本の演歌に興味をもっ…

旧ソビエトで大ヒットした日本の流行歌

お元気ですか。少年シニアです。 独特な節回しのロシア歌謡が好きで、ユーチューブで色々と検索していたところ 下のような動画を見つけました。 えっ! あのザ・ピーナッツが歌っていた「恋のバカンス」も原曲はロシアだった のか??? でも後半では、ロシ…

日本語は何だか面白い

お元気ですか。少年シニアです。 留学生に日本語を楽しく教えるために歌は欠かせません。 また学生の眠気覚ましにも歌はいい。 そう思っていたら、いい歌がみつかりました。 その歌は「一年生になったら」。 作詞は まどみちおさん。作曲は山本直純さん。 こ…

OM MANI PADAM HUM

お元気ですか。少年シニアです。 前回 ネパールへ行ったときの話しを紹介したのですが、その時、色々な所で 聞こえてきたのが、この曲でした。 題して「om mani padme hum」 同じメロディと詞の繰返しなのですが、まったくあきることなく、む…

エヴァ・キャシディの生命の歌を終日聴く

お元気ですか。少年シニアです。 忘れてはいけない日が今年もやってきました。 私はいつにも増して生命を感じる歌を 聴きたいと思いました。 それで迷わずエヴァ・キャシディの歌を選びました。 はじめて彼女の「枯葉」を聴いたときの衝撃は忘れられません。…

生命の躍動 チャイコフスキーの弦楽セレナーデ

お元気ですか。少年シニアです。 今年にはいって何故かロシアに興味がわいて時間があれば、ロシアの文学や音楽を 楽しんでいます。 文学にせよ音楽にせよ、ロシアという広大な風土や社会システムが個人を圧倒して いる反動なのかそれに対峙する芸術家は、必…

マイブームのロシア民謡

お元気ですか。少年シニアです。 最近のマイブームが「ロシア」でして、とりわけロシア民謡に嵌っています。 日本語の授業でも「一週間」というロシア民謡を「日曜日〜土曜日」の語彙指導 に使っています。 清水の舞台から飛び降りる気持ちで学生の前で日本…

男たちのべサメ・ムーチョ

お元気ですか。少年シニアです。 前回につづいて今回は、男たちの「べサメ・ムーチョ」。 トップは、上手すぎるボッチェィリの「べサメ・ムーチョ」 もし生まれ変わったら、ぜひ彼のような美声の持ち主に生まれたいです。 そして最愛の女性の前でこの唄をう…

女たちのべサメ・ムーチョ

お元気ですか。少年シニアです。 「枯葉」と並ぶ世界的なスタンダードの名曲「べサメ・ムーチヨ」。 英語で言えば「キス ミー」。でもスペイン語の方が深い情感を感じて好きですね。 女性がつくったん曲なんですね。コンスエロ・ベラスケスという音楽家。 少…

ジョセフィン・ベーカーから自由を想う

お元気ですか。少年シニアです。 パリでの衝撃的な事件については、本当にやりきれない気持ちです。 その根っこには自分と他者を分断し、自分を守るために相手の価値観や 行動様式を排斥しようとする精神があるのだと思います。 人種や民族の前に、同じ人間…

悲しさをうたう唄が好きです

お元気ですか。少年シニアです。 いつの頃からか、明るく前向きな歌が巷に多くなりました。 喜びや恋愛讃歌が多くなり、悲しみや別れの唄が減りました。 少し寂しい気がしています。 石川啄木の短歌を、いじけていて湿っぽいと嫌う人もいますが 私は結構好き…

2015 横浜Jazzで自由と平和を満喫

お元気ですか。少年シニアです。 今年も恒例となっている横浜JAZZプロムナードに行ってきました。 この祭りの魅力は何といっても、海の見える横浜という開放感がある街で、 JAZZを気軽に、愉しめるというところです。 ここには自由と平和がある。いつもそう…

漫画・ドラマの主題歌の帝王 菊池俊輔氏を知る

お元気ですか。少年シニアです。 以前「ドラエモン」や「タイガーマスク」の主題歌に触れたのですが、そもそも この曲を誰が作ったのだろうと思い、確認したところ、何と同じ人の作品である ことを知り驚きました。作曲家の名は「菊池俊輔」 この方は、知る…

ベトナムフェスタでハイチュウさんに出会えました

お元気ですか。少年シニアです。 先週19日 神奈川県庁前で開かれた「ベトナムフェスタ」に行ってきました。 半日たっぷり音楽や劇そして衣食まで様々な視点でベトナムを堪能しました。 今回は、まずその中で日本在住16年というベトナム人歌手ハイチュウさん…

生まれ変わったら鳥になりたい

お元気ですか。少年シニアです。 先日、理科の方のブログで「翼竜」という約2.1億年前〜6500万年前までの空を 支配していた爬虫類を紹介したのですが、もしタイムマシンでこの時代に行けたら 翼竜になって、当時の地球を空から眺めたいと思います。 人間は何…

素敵なCM曲で一歩前進!(小林亜星氏の作品から)

お元気ですか。少年シニアです。 今回は小林亜星さんのCM曲のお気に入りから4曲をアップします。 CM曲の良さは短い時間に言いたいメッセージが凝縮されていること。 そしてシンプルで覚えやすいメロディ。 亜星さんの作品にはその二つがぎっしりとつま…

少年からの憧れ 「遠く行きたい」

お元気ですか。少年シニアです。 子供の頃から見ていた番組「遠くへ行きたい」。何と45年も続いている怪物番組。 私も年をとって「遠くに行けば そこに幸せがある」なんて単純には考えてないけど 時には一人で旅をして、まっさらな気持ちで初めて出会う風景…

古関作品でスポーツ観戦の楽しさが三倍増

お元気ですか。少年シニアです。 今やスポーツ観戦に欠かせない音楽。その土台を作ったのが古関裕而さんです。 今回は、マーチの神様 古関裕而 (1909-1989)さんの世界に浸ります。 ♬ ⚾ ♬ ♬ ⚽ ♬ まずは、NHKのスポーツ番組で定番 「スポーツショー行進…

色々な はつこい

お元気ですか。少年シニアです。 唐突ですが、皆さんの「はつこい」はいつですか。結構あやふやじゃありませんか。 私の場合小2の時、転校してきた女の子をみて可愛い子だなと思ったけど、 あれは果たして「はつこい」だったのか。 まあ あまり細かいことは…

70年代 詩情あふれる唄 「サルビアの花」

お元気ですか。少年シニアです。 1970年前後は、万博が開催され日本の高度成長期の真っ只中にあり、今から考えれば 日本が最も勢いのある時代だったのでしょうが、そんなこととは裏腹に結構シニカル で暗めの歌が多かったような気がします。 いわゆる定番の…

懐かしさと感動の 「フィーリング」

お元気ですか。少年シニアです。 ユーチューブサーフィンをしていてBINGO!という瞬間があります。 エラ・フィッツジェラルドのこの「Feelings」がまさにそう。 あれ、これ「ハイファイセット」の歌と思いきや、もとは外国の歌だったんですね。 病気療…

雨の日 たまには バッハのカンタータ

お元気ですか。少年シニアです。 今回は柄ではないかもしれませんが、音楽の父バッハの曲を取り上げます。 バッハを聴きだしたのは、大学生になってからです。まずヴィヴァルディーの 「四季」を聴いてバロック音楽の深い味わいに感銘しました。大学生活に少…

BBキングとゲィリー・ムーアに痺れた至福の時

お元気ですか。少年シニアです。 BBキングが亡くなりました。心からご冥福をお祈りいたします。 キングの演奏と唄を聴いて、どれだけ多くの人が癒され励まされたことでしょう。 私も、その存在感も含め、生きるパワーを与えてもらった一人です。 キングが…