少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

少年時代に戻って自由形で人生を泳ぐ

                  🐧

 少年シニアと申します。光陰矢の如しでいつの間にか人生も最終章にさしかかってきました。たった一度の人生ですから最終章は自由に好きなように生きたいと思っていますが、さてどうなることでしようか。人間の寿命もかなり長くなってきたので、持ち時間は結構あるといえばある。でも私と同年代(50代半ば)で既に亡くなった方もいて死というものがいつ襲ってくるかもしれない歳であることも事実。このことを踏まえて、残りの人生を悔いなく生きたいというのが本音です。高齢化社会を生き抜くのはなかなか大変なのであります。

                🐧    🐧  

 じゃーおまえどう生きたいんだと自問したとき、消去法ではあるけれど、「一日を退屈に過ごすのとイライラして過ごすのは絶対やだな」と思いました。逆に言えば「わくわく半分 穏やか半分の一日」というコンセプトを死ぬまで続けることができれば、万々歳というのが私の願いであります。

               🐧   🐧   🐧

 そこで、来し方を振り返ってそんな時期が昔あったことを思い出しました。10歳前後の少年時代。そうだ、あの時に戻ろう。将来のことなど殆ど考えず、目の前の知識を貪り、事前準備もせず何とかなるさと興味のむくまま行動していた少年時代に戻ろう。今更、たいしたこともできないのだから、中途半端に終わってもいいから結果を気にせず、ぱっと手を出すフットワークの軽い少年時代に戻ろう。少年なんだから、勉強もしなきゃいけない。さぼっていた科目をやり直そう。そうだ理科だ、国語だと思いつき2か月ほど前に両科目のブログを立ち上げました。

              🐧   🐧   🐧   🐧 

 ただ、少年時代は学問だけじゃいけない、遊び心も必要だというわけで、日々自由に気儘に考えたことやトライしたことも綴ってみようと思ったのが、本ブログの開設動機です。今後どんな風に展開していくかは自分の中に吹く風次第であります。

願わくばこのブログにお立ち寄り頂いた方に,少しでも気持ちが和んだりワクワクして頂ければ望外の喜びであります。どうぞよろしくお願いします。

 

 ↓ すでに開設している理科と国語のブログはこちらです。


少年シニア 55歳から学ぶ理科

   


少年シニア もう一度!国語