読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

秋季高校野球東京大会観戦レポ          (早実vs日大三 東海大菅生vs国学院久我山)

台風の動向が気になりながらも、本日は終日雨もなく穏やかな東京でした。

そんな中、選抜大会につながる秋季高校野球東京大会の本戦が11日からスタートしました。そしていきなり注目の2カードが、神宮第二球場であるということで、行ってきました。何と試合1時間半前からチケット売場に長蛇の列。それもそのはず。

1試合目、甲子園の常連校で伝統校の早実日大三髙がいきなり激突するのです。

                                ⚾   ⚾   ⚾   ⚾  ⚾

何とか座席を確保して、あたりを見渡して何かいつもと違うことに気づきました。客席は満席なんだけれど、早実の応援席が少し静かなんです。いつも華やかな応援をリードしてくれるチアやブラバンの姿が見当たらない。今回は何か事情があったのでしょうか。少し動きもぎこちない野球部員らしい応援団長さんがその穴を埋めるべく頑張っていました。こういうのも高校野球らしくていいですね。

 (早実 応援風景)↓

f:id:tkbkun:20141012174402j:plain

 さて、肝心の試合ですが、いきなり早実が初回にホームランも含めた連打で4点をとり、その裏日大三が2点をとり返すという打撃戦となりました。ただ、本試合に限っていうと、三校の投手陣が持ち味を出せず、打撃・守備面でもちぐはぐなところが出て、その後も早実に大量得点を与え、何と7回コールド10対3という予想外の大差で早実が勝利しました。三校のコールド負けははじめて観ましたが、一番悔しいのは部員たちのはず。この口惜しさをばねにして 夏に向けて大きく飛躍してほしいと願います。また早実は自慢の打撃に磨きをかけ、投手力・守備力を更にパワ―アップして本戦を勝ち抜き選抜のきっぷを勝ち取ってください。

(早稲田実業vs日大三高) ↓

f:id:tkbkun:20141012174949j:plain

                                         ⚾  ⚾  ⚾  ⚾  ⚾

 2試合目は東海大菅生国学院久我山。菅生は今夏決勝まで進み、もう一歩のところで敗れ甲子園出場の夢を果たすことができませんでした。そのとき二年生で四番を打っていた勝俣選手が、新チームでは投手として登場、文字どおり攻守でチームを引っ張りました。今日も、打ってはいきなり初回にライトスタンドにホームラン 投げては剛速球とキレのある変化球を巧みに組み合わせ、久我山打線を1点に抑え、5対1で久我山を下しました。少ない安打で集中打でビッグイニングをつくる攻撃はさすがで、夏に果たせなかった夢をぜひ新チームで実現してほしいものです。

久我山は、まだまだ発展途上のチームなように感じましたが、本来のくらいついたら離さない粘着力をアップさせて夏に向け頑張ってほしいと思います。

(東海大菅生vs国学院久我山)↓

f:id:tkbkun:20141012180127j:plain

 以上、12日の神宮第二球場の観戦報告でした。

 

 

 


少年シニア 55歳から学ぶ理科

 

少年シニア もう一度!国語