少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

私の好きな「栄冠は君に輝く」 

         ⚾   ⚾   ⚾   ⚾   ⚾

 選抜大会につながる秋季高校野球大会が全国でたけなわです。約40年前高校球児だった私は、どうも落ち着かない時期です。そして高校野球というと、本来は夏の選手権大会の大会歌ではありますが、「栄冠は君に輝く」の歌が身体中を駆け巡るのです。特に「空をきる球のいのちに かようもの    美しく匂える健康」というフレーズは大好きです。

この大会歌も、近年多くのバージョンや歌手で歌われるようになりました。そうなるとやはり好みが出てきます。今回は、私のお気に入りの「栄冠は君に輝く」を3つ取り上げます。

            ⚾  ⚾  ⚾  ⚾  ⚾

 こちら2007年長野県予選の開会式で地元の女子高生が独唱した「美しすぎる声の栄冠は君に輝くです。あえてゆっくりした歌い方ですが、ただただ聞き入ってしまいます。整列している選手うっとり聴いていたのではないでしょうか。


高校野球、長野大会開会式2007年 - YouTube

 

 こちらは、最もポピュラーな高校生による合唱の「一番安心して聴ける栄冠は君に輝くです。日本のお米のように何回味わっても飽きないし、感動が蘇ります。


栄冠は君に輝く ~全国高等学校野球選手権大会の歌~ - YouTube

 

    数年前、著名な歌手が大会歌を歌う時期がありましたが、私は違和感を感じていました。高校野球というアマチュアの素朴さと独自の世界をもつプロ歌手の掛け合わせが馴染まないと思っていたのです。しかし夏川りみだけは、歌手自身のオリジナリティを封印して、「爽やかな栄冠は君に輝くを聞かせてくれたことで、もやもやが解けました。

 


栄冠は君に輝く 夏川りみ ステレオ版 - YouTube

 

今日は所用があって、秋季東京大会のベスト8に行けず、東京高校野球連盟のホームページで試合結果を確認しました。

法政大高が甲子園の常連である早稲田実業を延長の末6-3で、また今夏甲子園に悲願の出場を果たした二松學舎大附が10-0の大差で都立の星の雪谷を下し、各々準決勝にコマを進めました。準決勝は、11月8日 決勝は9日です。