読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

秋季高校野球東京大会準決勝(東海大菅生vs法政大高 二松學舎大附vs関東一)

いよいよ東京大会もベスト4。攻守バランス抜群の東海大菅生。3試合連続サヨナラ勝ちで勢いのつく法政大高。今夏大会で甲子園を沸かせた本命二松学舎大附属。昨秋の覇者関東一高と役者が揃いました。 

 

(1試合目 東海大菅生4-1法政大高)

 注目の立ち上がり、法政大高は先頭バッター出塁➡バンド➡タイムリーと絵にかいたような攻撃で一点先取、これまでの勢いをそのままこの試合にも持ち込みました。しかし菅生もすかさずその裏、1点を取り戻し追いつきます。

3回裏菅生の主砲 勝俣選手にタイムリーヒットが出て1点リード、その後は、双方得点のチャンスもありながら攻めきれず、菅生1点リードのまま8回裏まで進行。 

 

(菅生 勝俣選手の決勝打 いつもながらシュアな打撃)

f:id:tkbkun:20141108213559j:plain

 

 ここで、エラーとヒットで無死1塁2塁で、4番江藤選手に打順が回ってきます。江藤選手は打撃好調で本試合でもヒットを打っていたので、ここは強行かと思いきや、絶妙の送りバンドを決めました。私はこのバンドが菅生の勝ちを決定づけたと思います。4番選手のバンドに後を託された選手が燃えないわけにはいかないからです。法政大高の守備の乱れもあり、この回2点を追加し、試合を決めました。

 

(8回裏 菅生主砲江藤選手の絶妙のバンド)

f:id:tkbkun:20141108213453j:plain

 法政大高の健闘が光る試合でした。特にエース小松投手は、変化球主体のクレバーな配球で、菅生打線にすきを与えませんでした。最後は力つきましたが、間違いなく本大会の台風の目は法政大高でした。あっぱれです。

 

(2試合目) 二松學舎大附属6-5関東一

 立ち上がりは両校の守備も乱れもあり、初回双方2点づつ入ります。二松學舎大附属は安打を積み重ねるも走塁の失敗や、度重なるダブルエラーで思うように得点がはいらず、安打数で関東一を大きく上回るも、4対4のまま試合は終盤に突入します。

 関東一は8回裏一死満塁まで詰め寄りますが、大江投手は気合いの投球で凌ぎます。そして11回表、二松學舎大・岡田選手の待望の勝ち越し打も出て2点をもぎ取ります。しかし関東一高もその裏負けじと連打で1死2・3塁と詰め寄り、1点差としますが最後は見逃し三振で及ばす無念の涙となりました。二松學舎大附属本来の力ではなかったと思いますが、その中でも勝利したということが、地力の確かさを証明していると思います。

 

(11回を完投した二松學舎附属大江投手 本来の調子ではなかったが要所を抑えた)

f:id:tkbkun:20141108221727j:plain

 

 明日の決勝は、東海大菅生と二松學舎大附属の対決。試合の鍵は今日完投した両エースの出来でしょう。本日の激戦で、かなり体力は消耗していると思いますが、ここまで来たらもう気力の戦いになると思います。本日以上の熱戦を期待して明日も神宮に向かうことにします。