読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

明治神宮野球大会 高校の部 (東海大菅生vs静岡 )

 明治神宮野球大会(高校の部)は、全国10ブロックで優勝したチームが神宮球場に集まり日本一を競う大会です。出場チームは事実上選抜大会出場の権利を獲得していますが、本大会の結果によってブロック間のレベルが判断されるため、ブロックからの選抜大会の出場枠数に影響する可能性があります。

f:id:tkbkun:20141115173844j:plain

 

(2回戦)  東海大菅生7ー4静岡

 

 いつものことながら東海大菅生の勝俣投手の出だしは不安定で、そこを透かさず静岡打線がついて先取点を奪い、試合は静岡ペースで始まりました。

菅生打線は、馬場選手のホームラン等で何とか追いつき一時は3対2でリードを奪いますが、すぐさま静岡のエース村木選手が2点タイムリーの2塁打を放ち4-3で逆転。流れを菅生に渡しません。

どうもぴりっとしない勝俣投手でしたが、6回自身の右中間ソロホームランを放ち4対4の同点に追いついたあたりから、投球の方もようやく本来のピッチングに戻りました。

こうなると流れは菅生に。8回満塁で、本日6番を任された小磯選手が2塁打を放ちこれが決勝打になりました。

 

6番に抜擢された小磯選手が決勝打を放つ。本来の実力が開花か。

f:id:tkbkun:20141115180134j:plain

菅生は東京大会からずっと見てきていますが、5番から8番の下位打線が当たってきたことが最大の勝因だと思います。

これまで3・4番の主軸は機能していましたが、5番以降に当たりがなく、それがスモールベースボールを強いられていました。(東京大会の決勝では5番伊藤選手が大活躍したが)

しかし今日は、5番以降の選手に長打も出て、相手投手にとっては息の抜けない嫌な打線だったと思います。準決勝が非常に楽しみになってきました。

一点だけ気になったことを記します。勝俣投手のフィールディングで、セカンドよりの1塁ゴロの際のベースカバーが少し遅い気がしました。

2回ほどそのようなケースがあり、結局一塁手が塁を踏んだのですが、1つはヒットになりました。少々この点が今後の戦いにおいて気になりました。

 

女性のバンカラな応援もいいもんです。静岡高校の応援の統一感や迫力はさすが伝統校。

f:id:tkbkun:20141115180241j:plain

 

静岡は、連打でつなぐことができ走塁も果敢にしてくる好チームです。

あとさすが屈指の伝統校、応援が素晴らしかったですね。

OBのおじさんたちが大挙押し寄せて校歌を生徒たちと一緒に歌っていた姿は、なかなかよかったです。私は古豪が好きで、昨今の中京や平安の活躍は嬉しい限りです。静岡も来春選抜大会では大暴れしてもらいたいと思います。

 

最後に一句

  センバツや  古豪びいきの  五十過ぎ