少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

凄い奴 モンスターアンモナイトに敬礼

前から行きたいと思っていたミネラル(鉱物) ショーに行ってきました。

「TOKYOミネラルショー2014」。場所は池袋のサンシャインビル内です。

実に多種多彩な鉱物(化石含む)があって楽しかったのですが、鉱物以上に多種多彩な国々の個性ある売り手の人たちや、それに負けないくらいの個性をもった買い手が会場の雰囲気を独特のものにしていて、そちらも楽しめましたね。

f:id:tkbkun:20141208210203j:plain

こちら特別展示の白亜紀アンモナイトがからみあったものなのですが、もうここまでくると自然が造形するアートですね。

          🐚    🐚    🐚    🐚

アンモナイトは、実に4億2千万年前(シルル期後期)に地球に登場して、6500万年前(白亜期後期)に恐竜の絶滅と歩調を併せるように地球から姿を消しました。

人類はたかだか20万年、類人猿でも500万年の歴史ですが、アンモニアは3億5千万年の長きに渡って地球を住処にして生きてきたんですね。

この間、約2億5千万年前の地球史上最大のペルムの絶滅期にも生き延びるという強烈な生命力を発揮した生き物だったんですね。アンモナイトは只者じゃないのです。

 

f:id:tkbkun:20141208213931j:plain

 

ひとことでアンモナイトといっても色々なアンモニアがあるんですね。

形も通常はシンプルに巻かれたものを想像するのですが、異常巻きと言われる

アンモナイトが、アンモナイトの多様さを示しています。

 

f:id:tkbkun:20141208214940j:plain

           🐚    🐚    🐚    🐚

 もちろんアンモナイト以外の生物の化石も各売場に並べられています。

魚や植物やエビやカニなどの甲殻類、魚の糞の痕なんてものもあって、小さいもので二千円くらいで売られていました。高価なものは数十万円なんてものも・・・

その他は、女性に人気の宝石類、ヒマラヤ山脈の水晶 恐竜の歯、透明標本などなど見どころ満載でした。

お土産に、300円で砂漠の薔薇↓を買って会場をあとにしました。

f:id:tkbkun:20141208223241j:plain

今回のショーは、残念ながら今日(12/8)で終了なのですが、調べてみると全国各地で結構頻繁に行われているので、また機会を見て行きたいと思います。