読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

過分とバランスについて

雑感

「過ぎたるは及ばざるが如し」

今まで生きてきて、一番納得の格言です。

トラブルや悩みの大半は、過ぎることから起きているのではないでしょうか。

新聞の三面記事や悩みの相談欄など読んでいて、そう思います。

            ☗   ☗   ☗   ☗

子どもに構い過ぎ  構わなさ過ぎ 

人の意見を聞き過ぎ 無視しすぎ

ふざけ過ぎ     洒落心がなさ過ぎ 

仕事をし過ぎ    遊び過ぎ

清潔過ぎ      不潔過ぎ          

気にし過ぎ     無神経過ぎ         

           ☗   ☗   ☗   ☗

振り返ると、私の失敗も過ぎた行動によるものが結構多いです。

結局、大局観や見聞や経験が足りないからだと思いました。

絶妙なバランスをとることは大変難易度の高いことだと思います。

バランスをとったつもりが、単に中途半端だけということもありますし。

           ☗   ☗   ☗   ☗

例えば仕事に没頭する時期があっていいと思います。

そんな時期が人を成長させ能力を向上させると思いますから。

でも、それがあまりに長期間になるのはどうでしょう。

死にもの狂いで仕事をして一段落ついたら、

その分、逆にどーんと遊ぶことでバランスをとるやり方もあるでしょう。

「よく学びよく遊べ」は、いつになっても色あせぬ金言のように思えます。

 

f:id:tkbkun:20141211132331j:plain

 

「バランスこそが命綱」 

以前読んだ将棋の人気棋士の本に、そう書かれていました。

長く活躍するためには、必然的にバランスをとらざるをえないと言うのです。

一流の棋士は攻めだけでは勝てない。攻守のバランスで勝つのです。

年をとり棋力が落ちた棋士ほど攻め将棋になると聞いたことがあります。

体力が落ちるため短期決戦を求め、辛抱ができず攻め急ぐのだそうです。

          ☗   ☗   ☗   ☗

ここぞという時に攻めることと、むやみに攻め急ぐことは全く違う。

人生の最終章に突入した私も自戒したいと思います。