読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

クールジャパン(様々な津軽三味線)

音楽

お元気ですか。少年シニアです。

 

今、さかんにクールジャパンが叫ばれています。

日本が他国より優れているという上から目線にたつという意味ではなく

自国に誇りをもって、堂々と諸外国にその良さをアピールすることは

大変良いことだと思います。

また、他国の人たちが、自国の人とは違った視点から、その良さを見出し、

再評価してくれる場合もあります。

 

ひょっとしたら三味線も、そのひとつなのかも知れません。動画サイトの三味線

関連のアクセス数は、100万を超えるものが相当あり、その大半のコメントは

外国人なのです。これには驚きました。

この動画も、その一つで、shamisen vs shamisenという題がつけられています。

津軽三味線といえば、この「津軽じょんがら節」。お二人のリズミカルな掛け合い

に息をのんで聴きました。

 


Shamisen Vs. Shamisen - YouTube

 

 次は、津軽三味線をバックにした島津亜矢さんの「望郷じょんがら」です。

津軽三味線の迫力と、亜矢さんのこぶしの迫力があいまって、掛け値なしに素晴ら

しいと思います。

言葉の壁もあり日本の歌手が世界的に評価されるのは厳しいと思いますが、ぜひ

少しでも多くの外国の人にも聴いてもらって、日本の音楽の素晴らしさを知って

もらいたいと思っています。

 


島津亜矢 望郷じょんから - YouTube

 

最後は、吉田兄弟の「RISING」。一度、コンサートに行ったことがあるのですが、

これまでの三味線のイメージを大きく変えた立役者だと思います。様々な音楽とも

積極的にコラボレーションをして、三味線をより多くの人に伝えたいという熱い想い

が伝わってきます。外国人にも熱烈なファンが多いようです。

アクセス数は、290万を超え、私が見る限り三味線関連では一番の数でした。

 


Yoshida Brothers - Rising. 吉田兄弟 HD 80p - YouTube

 

日本が誇る三味線。伝統的なものから革新的なものまで、三味線の可能性は無限

と思えます。