読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

ときめく映画 「少女は自転車に乗って」

少女は自転車にのって [DVD]

 

お元気ですか。少年シニアです。

            🎥    🎥    🎥     🎥

あまり垣間見ることのないサウジアラビアの庶民や子供達の様子を、10歳の少女

ワジダのひとつの夢を通して描いた映画。それが、「少女は自転車にのって」です。

法律によって映画館がひとつもないと言われるサウジアラビアで、その国の女性の

監督が国内で撮った映画ということで、大変興味深く観ました。

            🎥    🎥    🎥   🎥

ワジダは、10歳のお転婆で、時には悪知恵も働くアグレッシブな女の子です。

戒律の厳しいイスラム世界(女性は公共の場では顔を隠す、車は運転できない等)

の中で、ワジダは枠にとらわれない自由な発想と行動力をもっていますが、その

ことが周りの大人との様々な軋轢を生んでいきます。

それはワジダが大好きな母親との関係でも例外ではありません。

ただ、その母親も女性に定められた戒律に、苛立ちを募らせる時もあるのです。

            🎥    🎥    🎥   🎥

ワジダは、遊び友達の男の子が持っている自転車に乗せてもらっているうちに、自分

の自転車が欲しくてたまらなくなりました。しかし女性が自転車に乗ることに否定的

な国では、その考え方はワジダの周囲から受け入れられることはありません。

それに雑貨屋に置いてあるお気に入りの自転車の値段は800リヤル。(約25,000円) 

とてもワジダに手が出るお金ではありません。

そんな中、コーランの暗唱コンクールが学校で開催されることになりました。優勝者

には、何と1000リヤル。 優勝すれば欲しくてたまらない自転車が買えるのです。

これまでコーランの暗唱に熱心とは言えなかったワジダですが、俄然、自転車欲しさ

に暗唱に積極的に取り組み、お母さんも唱え方を教えてくれました。

さて、ワジダは、コンクールに優勝し、女性の自転車に否定的な世間に対抗し、念願

の自転車に乗ることができるのでしょうか。

           🎥    🎥    🎥    🎥

 私は、この映画を見たときに、厳格な戒律社会のサウジでこのような映画の制作が

よく可能だったなと正直思いました。もちろん正面切って、今までのしきたりを否定

しているわけではないのですが、素直に見ていけば、こうしたしきたりが、特に女性

の自由な活動や欲求を妨げていることへのメッセージが伝わってきます。

しかし、こうした映画が制作され、とにもかくにも外国で上映されている事実をみれ

ば、サウジアラビアの中で、近年なにかが動き出しているのではないかと思えます。

          🎥    🎥    🎥    🎥

本作品は、いくつかの国際的な映画賞も受賞し、共感の輪が広がっているようです。

いろいろな考え方があるとは思いますが、そのうえで、こうした新たな風を感じる

映画を観ることは、大変意味のあることではないかと思いました。

 (最近のニュースでは、大衆の強い要望によりついにサウジアラビアでも公共での

 映画上映が近々解禁されるとのことです)

 


映画『少女は自転車にのって』予告編 - YouTube