少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

♫ 様々な「ろくでなし」

お元気ですか。少年シニアです。

昔 よくカラオケで唄っていたのが「ろくでなし」でした。

「とても好きだけどお別れよさようなら。  鳥のさえずりに送られて出ていこう」

というフレーズがシャンソンらしい洒落た言い回しで好きでした。

そこで今回は、様々な「ろくでなし」をアップいたします。

 

        ♬     ♬     ♬     ♬

 

 まず最初は 「こじまゆ」こと小島麻由美さんの「まったりした  ろくでなし」

 いわゆる不思議系女子。こうした歌い方や声は、好き嫌いがあると思うのですが

 私は結構好きでして、オリジナル曲もよく聴きます。

 へたうまというのでしょうか。彼女ならではの「ろくでなし」に仕上がって

 いると思います。

 


小島麻由美×ダージリン=「ろくでなし」 (越路吹雪)/共鳴野郎 - YouTube

 

 お次は、日本の本家 越路吹雪さんの「定番の  ろくでなし」

とにかくカッコイイ。さばさばしている。小気味いい。

 


越路吹雪 LIVE 「ろくでなし」 - YouTube

 

最後に本家中の本家 アダモさんの「正真正銘の  ろくでなし」

この唄をつくったのは、あの「雪が降る」のアダモだったのです。

こちら正式名「Mauvais Garcon」で「不良少年」という意味。

あれ、「ろくでなし」は女性が主人公ではなかったの???

作詞家の岩谷時子さんが、日本(越路さん)向けに変えちゃったんですね。

 


ろくでなし Mauvais Garcon - YouTube

 

 三者三様、でも皆素晴らしい「ろくでなし」だと思います。