読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

生命の番組に更に命を吹き込む音楽

音楽

お元気ですか。少年シニアです。

「生命」。それは私が今後死ぬまで追っていきたいテーマです。

それでNHKやBS/CS放送で地球や生命を扱う特番は欠かさず見るように

してきました。そして見終わった後、必ず新たな発見と感動がありました。

またこれらの番組に共通するのは、その生命の素晴らしさ・不思議さを引き出して

くれるれるオープニング曲の素晴らしさです。

今回は、NHKの番組から何曲か選んでみました。

         🌏   🐏   🌻   🐜   ☀  🌛

 まずは1992年にNHKで放映がスタートした「生きもの地球紀行」より杉本竜一氏

が作曲した「生命の息吹」。この番組はシリーズで⒑年間の長きにわたって地球の生

き物の魅力をあますことなく視聴者に伝えた素晴らしい番組でしたが、このオープニ

ング曲は その壮大な調べと格調の高さで番組の魅力をさらに高めました。

私はいつもこの曲を目を閉じて聴いていました。そうすると自分の前に広大な砂漠や

森や海、里山に生きる生命の姿が目の前に現れ、穏やかな気持ちになれました。

 


生きもの地球紀行より~生命の息吹~ - YouTube

 

         🌏   🐏   🌻   🐜   ☀  🌛

こちら「ビリーヴ」も「生きもの地球紀行」で扱われた曲で、同じく杉本竜一氏の

作詞・作曲です。私のこどもの合唱会でも歌われていましたが、自分も含め親御

さんの方が、感動のあまり涙して聴いていたのを覚えています。

 大人にとっては、正直照れくささをを感じる詞ではあります。

でもそれを超えたところの真実がこの詞にこめられているのだと感じます。

それは歌詞にも出てくる「素直」という言葉。

素直な気持ちで、あるがままを見つめれば、人類は協力しあって自分達とつながって

いるすべての生命と物質に敬意をはらって生きていくしか道はないのだということが

わかります。

 


Believe - YouTube

 

         🌏   🐏   🌻   🐜   ☀  🌛

 最後はNHKで1980年に放映された「パノラマ太陽系」のオープニング曲で

八神純子さんが作曲・唄を担当した「Mrブルー」。

太陽系の惑星を扱った番組で若き日の天文学者松井孝典さんが出演され、各惑星

の魅力を話されていました。

各惑星にはそれぞ独自の魅力があります。でも多様な生命が共存する地球の魅力は

何といっても格別なものがあります。私は死ぬまで、生命を当たり前のものと思う

ことなく生きていきたいと思っています。

 


Mr.ブルー ~ 私の地球 ~ - YouTube