読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

大鵬の美しくて力強い相撲を称える

お元気ですか。少年シニアです。

大相撲たけなわですが、少年時代の私の実在のヒーローは大鵬でした。

大鵬は強かった。そして何といっても美しかった。

特に土俵入りの姿は、歴代横綱で断トツの美しさだと思います。

ゆったりとした中に、力強さがある。四股のあと徐々にせりあがっていく部分

最後の締めの手の平をゆっくり返していく部分 

私は歌舞伎を見たことはないのですが、生で見ていたら恐らく「よっ!日本一!」

と言わずにはおれない格好よさだったのではないでしょうか。

 

 ⇩引退式での土俵入りでしょうか。太刀持ちと露払いが横綱玉の海北の富士という豪華な土俵入り


横綱大鵬土俵入り(カラー映像) - YouTube

 

私が小学生から中学生になりかけてた頃、大鵬の力はピークを過ぎ、北の富士・玉の

海が新横綱となり北玉時代の到来と言われていました。

しかし、大鵬はあっさりとその座を引き渡すことはありませんでした。怪我さえ回復

すれば北玉を撃破する力は十分残っていたと思います。実際、北玉が揃って横綱に昇

進した場所で、大鵬は両者の張出横綱の地位に甘んじながら14勝1敗で優勝したの

です。私はこの場所を大鵬のベストバウトだと思っています。

 下の動画は、最後の32回目の優勝の一戦。三連覇を狙う玉の海と14勝1敗の同率で

優勝決定戦で戦ったのです。こちら実況も素晴らしい。

大鵬が勝った瞬間「大鵬 立派です」とアナウンス。晩年の大鵬が地力の衰えと怪我

に苦しみながらも、大横綱に恥じない闘いを続ける大鵬への敬意が素直にでた言葉だ

と思います。

 

 横綱 大鵬 優勝32回 最後の優勝の一番 - YouTube

 

大鵬のライバルは何といっても柏戸。でも私の少年時代の柏戸は、明らかに

ピークを過ぎていました。しかし、この動画を見ると、柏戸あっての大鵬

あったことがよくわかります。大鵬は打倒柏戸を目標にして力をつけていった

のです。それにしても激しい相撲が多い。意地のぶつかり合いですね。

 

⇩土俵際の攻防が凄い。うっちゃりが多いのもこのカードの特長か。横綱になる前から二人の戦いは

 世紀の一戦だった。全勝同士の千秋楽決戦というのも凄い。


横綱【大鵬】 vs 横綱【柏戸】 (ほぼ全取組映像) - YouTube

 

超一流選手の引き際ということが色々問題になっていますが、大鵬の引き際は

実に見事でした。最後の優勝後の場所で12勝3敗で優勝を逃した翌場所、5日目

で、伸び盛りの貴ノ花(先代)に敗れ2敗になったところで引退を表明。

次代のホープと入れ替わるタイミングも絶妙だと思います。

その引き際も含め、すべてに美しい大横綱。それが大鵬でした。