読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

BBキングとゲィリー・ムーアに痺れた至福の時

お元気ですか。少年シニアです。

BBキングが亡くなりました。心からご冥福をお祈りいたします。

キングの演奏と唄を聴いて、どれだけ多くの人が癒され励まされたことでしょう。

私も、その存在感も含め、生きるパワーを与えてもらった一人です。

 

キングが亡くなったことを知ったとき、もう一人のスーパーギタリストが脳裏に

浮かびました。北アイルランド出身のゲィリー・ムーアです。

私はこのギタリストを数年前まで全く知らなかったのですが、BBキングの動画を

みていたときに、キングの持ち歌「Thill is Gone」を、キングとムーアが掛け合い

で演奏をしているものに行きつき、あまりの素晴らしさに痺れてしまいました。

 

 二人の息がぴったり。キングもムーアもお茶目で凄くいい。


Gary Moore & BB King The Thrill is Gone Live ...

 

 ゲィリー・ムーアは、キングに先立ち2011年に亡くなりましたが、フィギィアスケー

トの羽生選手が彼の持ち歌の「パリの散歩道」を採用したことで、国内で再び注目を

浴びるようになりました。

ここでは、私の一番のお気に入りの「Still Got The Blues」をアップします。

彼の手にかかるとギターが生き物のように感じます。

 


Gary Moore - Still Got The Blues (Live at ...

 

 いま、二人は天国で再会して、きっとまた掛け合いを愉しんでいることでしょう。

 

.