読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

負けるな/嘘をつくな/弱い者をいじめるな

お元気ですか。少年シニアです。

もう5年程前になりますか、仕事で鹿児島に行ったときに、ある小学校に

こんなことばが どーんと校舎の上に掲げられていました。

 

f:id:tkbkun:20150611111018j:plain

 

凄くシンプルなんですが、心にずしんと来ました。毎日、これを見ていればなにかを

子供達は感じ取り、行動も違ってくるのではないかと思います。

                               🙏       🙏    🙏   🙏         

 ただ、もしこれが「勝て/正直であれ/人に優しくしろ」と書いてあったら

こんなに心に響かなかったと思います。

すべきではなく、すべからずだからこそすーっと心に入り込んできた。

人としての基本をまずはきっちりやろう。恥じない生き方をしようという強い

メッセージがここに現れている気がします。

           🙏       🙏    🙏   🙏         

よく「相手の嫌がることはしない」は銀の行い。「相手が喜ぶことをする」は金の

行いというのですが、私はあまりそう思わないのです。

というのも,相手が喜ぶことをするというのは相当難しい。相手の喜びは千差万別な

上、へたをすると余計なお世話になったり、相手に過度な負担感を与えかねない。

その点 嫌がることは、人に拘らずかなり共通しており、予測もつきやすい。

でもつい忘れがちなので、このことを長期にわたり実践している人は、凄い人だと

思います。何事も当たり前のことを当たり前にするのがむずかしい。

だから、私は「人の嫌がることをしない」のを金としたい。

           🙏       🙏    🙏   🙏         

  この学校の前を通るとき、桜島がどーんと目の前に現れました。

桜島の堂々とした姿と、この言葉が実にマッチしていると感じました。

そして、本当にこの言葉をきっちり心に受け止めるべきは、我々大人の方ではないか

と強く思った次第です。