読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

海中生物の眼が教えてくれること

自然

お元気ですか。少年シニアです。 

約5億5千万年前に生命の大爆発が起き、武装した生き物が登場した背景には

眼の誕生にあったと言われています。

眼をもつ生物の出現によって、比較的穏やかだった海の世界が、喰う喰われる世界

へと変貌したのです。

5億5千万年までとは言わないまでも、3〜4億年前から海を住処としていた生き物

の眼をみると、やはり「眼は口ほどにものを言う」と思わざるをえません。

 江ノ島水族館の住人から眼のアップを撮らせてもらいました。

 

硬骨魚類「メガネモチノウオ」の眼。貫禄が半端じゃないですね。

f:id:tkbkun:20150627195351j:plain

 

  節足動物の「カニ」の眼。 なぜカニの眼はあえて突き出るようなリスクのある

 形をとったんでしょうか。

f:id:tkbkun:20150627195239j:plain

 

 軟骨魚類[エイ」の眼。眼の後ろにある穴から水をとりこみます。

f:id:tkbkun:20150627195138j:plain

 

いらぬ喧嘩を避けるためには 眼をあわさぬようにすることが鉄則ですが、それは

眼の誕生により喰う喰われるの関係が生まれた歴史と無縁ではなさそうです。