読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

70年代 詩情あふれる唄 「サルビアの花」

お元気ですか。少年シニアです。

1970年前後は、万博が開催され日本の高度成長期の真っ只中にあり、今から考えれば

日本が最も勢いのある時代だったのでしょうが、そんなこととは裏腹に結構シニカル

で暗めの歌が多かったような気がします。

いわゆる定番の歌謡曲に飽き足らない人に支持される唄が登場するのもこの頃です。

この「サルビアの花」もそんな唄のひとつでしょう。

「もとまろ」という正体不明の女性グループが忽然と現れ、瞬く間に大衆の支持・共

感をよんだのです。「偽りの花嫁」というドキッとするフレーズが印象的で、萩原朔

太郎がよく使う言葉を用いるなら「ポエジィ」が感じられる唄でした。

それまで、あまりポエジィを感じる唄は少なかったので、大衆はそのポエジィに、こ

れまでにない新鮮さを、この唄に感じたのだと思います。

 


サルビアの花/もとまろ - YouTube

 

もともとこの曲は、早川義夫さんが、1969年、自身のアルバムの一曲としてリリース

していたものです。早川さんは一時音楽の世界を離れ古本屋を経営されていたようで

すが今はライブハウスで活躍中。独特の世界をもったアーティストだと思いますね。

こちら、「想い」という唄で大好きだった永井龍雲さんとのサルビアの花の動画が

あったのでアップします。

(サングラスをかけピアノを弾きながら歌っているのが早川さんです)

 


早川義夫 サルビアの花 - YouTub℮

 

サルビアの花」は、まだ彼女に未練を残した男の切なくも悲しい唄です。

男がせきららに失恋での恨みや寂しさを語る唄は当時そうなかったので、そういう面

でも新しさがあったのでしょう。

もとまろが唄っていたときは、あまり意識せず聴いていたのですが、男がやせ我慢

せず本音・弱音をさらけ出せる時代にはいっていたのかもしれません。