読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

神奈川の高校野球熱の凄さ温かさ 「横浜VS相模原」

お元気ですか。少年シニアです。

昨日は注目のカード「横浜高校VS相模原高校」を見に相模原球場に行ってきました。

3連休の最終日   優勝候補で地元公立の雄「相模原高校」の登場、そしてこちらも

神奈川屈指の強豪で今回で勇退される渡辺監督率いる「横浜高校」の登場ということ

で、4回戦ながら試合2時間前から長蛇の列が出来ました。そして試合前には、本来

は開放しない外野席も開放され、最終的には1万6千人満席となりました。

 

f:id:tkbkun:20150721182124j:plain

 

 全国レベルの強豪「横浜高校」を長きにわたって率い、70歳にして勇退する渡辺監督

がノックで登場してきた時は会場が大いに沸きました。特に難しいと言われるキャッ

チャーフライを一度で成功させたときは、やんややんやの拍手。

御年70歳とは思えぬ力強いスイングです。

f:id:tkbkun:20150721182236j:plain

 

両チームの応援も気合い十分、華やかで今風の相模原高校(上)に対しバンカラ

男気むんむんの横浜高校(下)と応援も対照的。でもどちらも最高でしたよ!

f:id:tkbkun:20150721182336j:plain

f:id:tkbkun:20150721182448j:plain

 

試合は、両エースの気迫のこもった投手戦となりました。相模原躍進の原動力の

宮崎投手は、前半3点を許すものの、その後は変化球も交えた頭脳的な投球術と

気合いで追加点を許さず、切れ目のない横浜の強力打線を3点に抑えました。

並みの投手なら、横浜の強力打線を前にガタガタと崩れる展開でしたが、その点は

流石宮崎投手です。

f:id:tkbkun:20150721115100j:plain

 

これに対し横浜のエース 藤平投手は、緩急をうまく使い高めの球で相模原打線を、

ポップフライに仕留めました。非常にクレーバーで、序盤でのピンチも冷静に対処

し、付け入るスキを与えない素晴らしいピッチングでした。

f:id:tkbkun:20150721115140j:plain

 

試合は、前半のリードを横浜高校がしっかりと守りきり、3-0で勝ちました。

相模原高校は、秋季大会でベスト4、春季大会で準優勝と確実に力をつけ夏の大会に

満を持じて臨んだはずで、部員一人一人もかなり期するところがあったと思います。

だからこの敗戦は非常に悔しかったことでしょう。

でも引き上げてきた部員の表情には、今日の試合も含め精一杯やってきたという誇り

に満ちていたように思いました。

f:id:tkbkun:20150721182602j:plain

 

今日の試合に限らず神奈川の高校野球熱は凄まじいものがあり球場に来る観客も

野球のことを熟知しています。そしてそれに応えるように主催者側も、様々な配

慮が見られます。まず、スコアボードには出場選手の名前が必ず表示されます。

(県によっては、守備位置の数字だけが表示される場合があります)

そして、試合後勝ったチームの校歌斉唱・校旗掲揚が行われます。本来の試合とは

直接関係しないことかもしれませんが、こうしたことが部員たちの人生にとって

大切な思い出・頑張ってきた証にもなるので素晴らしいことだと思います。

f:id:tkbkun:20150721112025j:plain

 むかって左に高々と校旗が掲げられました。

f:id:tkbkun:20150721182656j:plain

 

 さあ、まだまだ熱い戦いは続きます。どんなドラマが待っているのでしょうか。