少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

感動のスポーツ実況が教えてくれたこと

お元気ですか。少年シニアです。

先のブログでスポーツと音楽について触れましたが、アナウンサーの名実況も

スポーツの素晴らしさを伝える大きな要素になります。

私がこれまで一番感動したスポーツ実況は、2004年 アテネオリンピックでの

体操復活ⅤでのNHK刈屋アナウンサーの実況です。(もう有名ですね)

実況を活字にしてみて、あらためてその素晴らしさを感じました。

 

       🎤     🎤     🎤     🎤

 

【最終演技者の冨田選手登場】

🎤 小学校の頃ソウルオリンピックをみて自分もオリンピックでメダルをとりたいと

  夢をもった冨田。ニッポンが誇る最高のオールラウンダー。

 

【冨田 鉄棒演技開始】

🎤 冨田が冨田であることを証明すれば、ニッポンは勝ちます。

 

【順調に演技が進む】

 

🎤 離れ業はコールマン

 

🎤 これさえとれば〜  よしとった

  さあ、あとは最後のしんしんの新月面 

  着地に向かう

 

🎤 しんしんの新月面が描く 放物線は 栄光への架け橋だ

 

【冨田が見事に着地を決める】 

🎤 決まった! 

  勝った!  

  勝ちました! 

 

【会場 拍手の嵐】

 🎤 勝ちましたニッポン!  間違いありません

  あまりの凄さに アメリカも苦笑い

 

🎤 かつて体操王国ニッポンと言われてオリンピック団体五連覇がありました。

  王座を失ってこの2大会メダルを逃して 体操王国ニッポンの陽は完全に没した

  とも言われました。

  しかしその苦しい中でジュニアからの強化を地道に積上げてきましたニッポン。

  その成果がアナハイムで夜明けを迎え そしてオリンピックの聖地オリンピック

  発祥の地アテネで、陽はまた昇りそうです。

 

🎤 もう点を待つまでもありません。

  今の演技でまちがいなくニッポンは勝ちました。

 

🎤 9.85

  【大歓声】

 

🎤 ニッポン金メダル! 28年ぶりの王座奪還!

  再び世界の頂点にたちました!

  体操ニッポン 陽はまた昇りました!

  【解説の小西氏が感極まって嗚咽】

 

🎤 小西さん どうぞ泣いてください。

 

🎤 小西さんの目から大粒の涙がこぼれてきました。

  その小西さんが銅メダルをとったあのソウルオリンピックをみてオリンピックに

  憧れた世代

  ジュニアからニッポン伝統の美しい体操という基本をしっかりとつみあげてきた

  若者たち

  オリンピック発祥の地アテネで 再び世界の頂点にたちました!

 

 アテネオリンピック 日本体操男子団体 金メダル - YouTube

 

       🎤    🎤    🎤    🎤

 

 一番伝えるべきは何かを熟知し、話すべき時には話す 黙る時には黙る 

 選手だけでなく、解説者や関係者への畏敬の念も忘れない

 そして視聴者と感動を共有する。

 あらためて素晴らしい実況だと思います。

 

 そして、この実況を聴いて感じるのは、体操ニッポンがどん底から這い上がる

ことができたのは、「美しい体操」という誰もが納得できる素晴しいコンセプトを

掲げたうえで、問題点・課題を明らかにし、不足していた部分に謙虚に、粘り強く

挑んでいったからということです。

 

謙虚さと粘り強さ

今の日本に求められる姿勢がすべてここにある、と私は思います。