読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

秘境を走る大井川鉄道井川線を満喫

自然

お元気ですか。少年シニアです。

先日、ずっと乗ってみたかった大井川鉄道の旅を実現することができました。

特に大井川の渓谷沿いをゆっくり走り、無人の秘境駅が満載の井川線への憧れは

強いものがありました。

そんな時、名古屋に所用ができ、この機会をとらえての旅と相成りました。

 

↓ 金谷から大井川本線で約1時間少しで千頭駅に。トーマス達がお出迎えです。

f:id:tkbkun:20151006061326j:plain

↓ いかにも年季が感じられる井川線車両。2両連結で幅が凄く狭いのが特徴

f:id:tkbkun:20151006154909j:plain

↓ 千頭駅をスタート、渓谷沿いに軋む音をたてながら、ゆっくりゆっくり走っていきます

f:id:tkbkun:20151006154328j:plain

↓ トンネルも多く長いトンネルではディズニーランドの洞窟の中を走っているような錯覚を覚えました

 f:id:tkbkun:20151006061530j:plain

 ↓ 高勾配に対応するためアプト式車両を連結させ、前の車両を押し上げて進んでいきます。

f:id:tkbkun:20151006155633j:plain

 車窓から見下ろす茶畑も最高です。

f:id:tkbkun:20151005101921j:plain

↓ 電車から鉄橋を撮るか 鉄橋から電車を撮るか???

f:id:tkbkun:20151006184236j:plain

↓ 大井川をたった一人悠悠とボートで漕ぐ男性の姿が見えました。

f:id:tkbkun:20151006061221j:plain

↓ 長島ダムの豪快な放流。数日前の爆弾低気圧の豪雨への対応でしょうか。

f:id:tkbkun:20151006061010j:plain

 ↓ お目当ての「奥大井湖上駅」に到着しました。

f:id:tkbkun:20151006161400j:plain

 ↓愛想のいい車掌さんが、小さな女の子に手を振って湖上駅を後にしました。

f:id:tkbkun:20151006060804j:plain

↓ ビューポイントまで遊歩道を歩き湖上に浮かぶ?駅を撮りました。

f:id:tkbkun:20151006060704j:plain

↓ よく見ると人が歩いています。私もあとで歩きましたが足が震えました。

f:id:tkbkun:20151005101713j:plain

↓ 駅近くのトンネルから人の姿が現れたのには吃驚しました。もちろん関係者ですが・・・

f:id:tkbkun:20151006170829j:plain

↓ 千頭へ戻る車両が湖上駅に入線してきました。

f:id:tkbkun:20151006162301j:plain

↓ 窓越しではなく風景を眺めれる車両。小さな男の子が真剣に川面を眺めています。

 

f:id:tkbkun:20151006064042j:plain

 ↓ 千頭駅に戻ったら大変な人出で賑わっていました。機関車トーマスフェアが開催されていたのです

f:id:tkbkun:20151006061425j:plain

 

大井川鉄道井川線は、昭和⒑年、大井川電力の専用鉄道として千頭ー大井川発電所間で運行がスタート。その歴史はほぼ80年に及びます。

そして昭和34年 中部電力から大井川鉄道が受け継ぎ、旅客営業を開始 現在に到っているそうです。

また桜の季節に戻ってきたいと思います。