読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

ジョセフィン・ベーカーから自由を想う

お元気ですか。少年シニアです。

パリでの衝撃的な事件については、本当にやりきれない気持ちです。

その根っこには自分と他者を分断し、自分を守るために相手の価値観や

行動様式を排斥しようとする精神があるのだと思います。

人種や民族の前に、同じ人間としての意識が欠如しているのだと感じます。

         ♬    ♬    ♬    ♬

そのパリで、もう半世紀以上前に人種の壁を超えて、多くの人々を魅了

した女性がいました。

黒いビーナスこと「ジョセフィン・ベーカー」です。

マリリン・モンローに先立つセックスシンボルとして、ヘミングウェィー

をはじめ骨太の芸術家からも熱い支持を得たと言われています。

        ♬    ♬    ♬    ♬

 実は私は先日まで彼女の存在を知りませんでしたが、たまたまCSテレビ

で見て、その存在の大きさを知りました。

時には上半身をあらわにし、コミカルでエロティックな踊りも披露し、一つ

間違えれば下品で際物になるところですが、彼女の醸し出す雰囲気が素晴ら

しくチャーミングで、そんな気持ちをつゆにも感じさせない知性を有してい

ました。多くの人が魅了されるのもむべからずと感じます。

         ♬    ♬    ♬    ♬

 もとは米国で活躍していましたが、当時人種差別の激しい米国に嫌気がさし、

自由な雰囲気を求めてパリに舞台をうつし大ブレイク。不動の地位を得ます。

多くのフランス人が彼女にフランス人と同等、いやそれ以上の自由な風を、

感じたのだと思います。


Josephine Baker 1906 ~ 1975 with " Smile " - YouTube

 

         ♬    ♬    ♬    ♬

パリで水を得た魚のごとく、ダンサーとしての不動の人気を得た彼女は、歌手

としても大成功をおさめますが、彼女の自由への挑戦は、それだけに留まらず

自らの体験も踏まえ人種差別撤廃のための活動を積極化していきます。

さまざまな人種の12人の孤児を養子としたのも、そのあらわれでしょう。

自由を求め体現していくことの素晴らしさを伝えることこそが、彼女の切なる

願いであり、歌もダンスも社会活動も彼女にとって同等の価値をもつ、人間と

しての営みだったのでしょう。

         ♬    ♬    ♬    ♬

 自己の自由は他者の自由を尊重することであり、また一定の責任をもつこと

であり、時に自己の自由と他者の自由とのハーモニーを奏でることで、もっ

ともっと大きな、そして広く深い自由が得られるのではないか、

彼女の芸術・社会活動 そしてその何ともいえぬ笑顔を見てそう思いました。

 


Josephine Baker - Paris Chéri - YouTube