読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

マイブームのロシア民謡

音楽

お元気ですか。少年シニアです。

最近のマイブームが「ロシア」でして、とりわけロシア民謡に嵌っています。

日本語の授業でも「一週間」というロシア民謡を「日曜日〜土曜日」の語彙指導

に使っています。

清水の舞台から飛び降りる気持ちで学生の前で日本語訳の一週間を歌って、その

のち学生にも歌わせるのですが、ノリがよく比較的簡単な語彙ばかりの歌なので、

皆が歌えて凄く盛り上がります。

          ♬    ♬    ♬    ♬

 数あるロシア民謡の中でも私がとりわけ好きなのが「カチューシャ」です。

戦場にいる恋人を想うカチューシャという名の娘の歌だそうですが、こちらも

身体が自然と動いて温まる感じで、ここちよいのです。

 

こちらのロシアの娘さんの踊りも抜群にチャーミングで、最高です。


Katyusha dance War Army solo Военный танец Катюша сольный

 

 また、意外な曲がロシア民謡だったりするんですが、こちらメリーホプキンで

大ヒットした「悲しき天使」もそのひとつです。この曲は「長い道を」という題名

ロシア民謡で、ちょっとびっくりぽんでした。

アンドレリュウ流のアレンジで、陽気な「悲しき天使」をアップしました。

聴衆との一体感抜群でこれはこれでいいのではないでしょうか。


André Rieu - "Those Were The Days" , Дорогой длинною .

 

そして、最後に私が教壇でも歌っている「一週間の歌」。こちら紅白からの

画像でしょうが、ボニーの皆さん若いですね。古きよき時代でしょうか。

ロシア民謡は、会場をほんわかさせてくれるものが多い。そのあたりが人気

の秘密なんだと思います。


ボニージャックス 一週間