少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

現場とともに汗をかくトップの魅力について

お元気ですか。少年シニアです。

NHKの朝ドラの「あさが来た」が大変好調ですね。

あさが少し偉くなりすぎて、最初の頃の威勢のよさが少し影を潜めてきたのは

少々残念ですが、女子大創立にむけて更に挑戦する姿を、今後も丁寧に描いて

いってほしいと願っています。

                                  ✈   ✈   ✈   ✈   ✈

下町ロケット」もそうでしたが、トップ自らが現場の人間と一緒に汗をかい

て誰もが納得できる目標に向かって力をあわせるというストーリーが、このド

ラマの人気の秘密だと思います。働く者みながそれを切望しているからです。

ひるがえって最近の経済界では経営トップやリーダーが保身にはしり、目先の

数字だけにとらわれ、現場に責任を押し付けて、数字や指示を出すことが自分

の仕事だと勘違いしている人達が多くみられます。

その中で視聴者は 組織のトップ・リーダーのあるべき姿を主人公の「あさ」

に見いだしているのでしょう。もちろん私もその一人です。

           ✈   ✈   ✈   ✈   ✈

動物の世界で群れを率いるリーダーは、外敵があらわれると先頭にたって群れ

を守ります。そのことによって群れのメンバーから信頼を得てリーダーである

ことを許されるのです。人類の群れも当初はそうだったんでしょうが、組織が

拡大し影響力が増すにつれて少しいびつな形で進化してきたのかもしれません。

          ✈   ✈   ✈   ✈   ✈

 さて本ドラマの主題歌の「365日の紙飛行機」は、シンプルなリズムと詩で、

物語同様、朝からさわやかな気分にさせてくれる良曲です。

先日、私が教えている日本語学校でもこの曲を紹介したのですが、若い留学生の

琴線にも強くふれたようでうれしかったです。爽やかに感じるものは万国共通、

変わりはないのだとあらためて思った次第です。

 


【MV】365日の紙飛行機 Short ver. / AKB48[公式]