少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

小笠原諸島3 逞しくて心優しい島の若者たち

 お元気ですか。少年シニアです。小笠原諸島レポートの最終回は人。

父島で目についたのは元気で逞しい子どもや若者たちの姿でした。

元気に遊んでいる子供の姿をみるのは、快感です。

 

小学校の下校風景。戦時下では防空護としても使われていたというトンネルの中を歩いていました。

f:id:tkbkun:20160327142502j:plain

こちらは登校中の中学生でしょうか。

f:id:tkbkun:20160402090659j:plain

 小笠原高校。美しく自然あふれる最高のロケーションで伸び伸び勉強しているんでしょうね。

f:id:tkbkun:20160328214758j:plain

ホエールウォッチングでお世話になったガイドさんも若くて逞しい。

地元出身ではないそうですが、島が大好きなことがよく伝わってきました。

f:id:tkbkun:20160327101010j:plain

 意外だったのが団地の多さ。若いお母さんの姿見かけました。

f:id:tkbkun:20160402092022j:plain

 

3月はお別れの季節でもあります。港では島を離れる学友たちを見送る横断幕があちこちで見られました。

f:id:tkbkun:20160402094130j:plain

f:id:tkbkun:20160328211408j:plain

乗船前のお別れも話しが尽きない感じです。

f:id:tkbkun:20160402094233j:plain

 小笠原丸が港を離れると一斉に島の子供たちが走り出しました。

f:id:tkbkun:20160328213238j:plain

 散水車からも豪快な見送りを頂きました!!!

f:id:tkbkun:20160402095732j:plain

最前列の船は高校の見送り団。大きな声で島を離れる学友の名を連呼。

こんな見送りをしてくれたら、もう言う事はない。一生ものの思い出になると思います。

最後は団長自らダイブパフォーマンスで締め。

f:id:tkbkun:20160328210710j:plain

f:id:tkbkun:20160328210626j:plain

勇敢なのは男だけじゃない。島の女性もダイブ! この荒海を立ち泳ぎで手を振ってお見送り。

f:id:tkbkun:20160328210436j:plain

f:id:tkbkun:20160328212711j:plain

お兄さん お姉さんには負けていられない。

子どもたちもライフジャケットを身に着けながらもこの荒海の中熱いお見送り。この逞しさに脱帽です。

f:id:tkbkun:20160328212339j:plain

最後の一艘は海上保安庁の方々。皆さんがいるから島の人々も安心してこんな豪快なお見送りができるんだと思います。これからも頑張ってください。また帰って来ます!!!

f:id:tkbkun:20160402100301j:plain

 

小笠原の大きな自然と逞しく優しき人達。

大愛 確かに受け取りましたよ!!!