少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

OM MANI PADAM HUM

お元気ですか。少年シニアです。

前回 ネパールへ行ったときの話しを紹介したのですが、その時、色々な所で

聞こえてきたのが、この曲でした。

題して「om mani padme hum」

同じメロディと詞の繰返しなのですが、まったくあきることなく、むしろ心地

よい調べの中で「大いなる生命の源に抱かれた子守唄」のように思えました。

 

この曲をバックにした少年のお坊さんの可愛い画像があったのでアップします。


OM MANI PADME HUM. BELLÍSIMO

 

「オム・マニ・ペメ・フム」(Om・Mani・Padme・Hum)は、チベット仏教徒に

よって最もよく唱えられている真言マントラ)です。

慈悲の化身である観音菩薩のこの真言を唱えることによって、悪業から逃れ、徳を

積み、苦しみの海から出て、悟りを開く助けになると信じられているそうです。

 

 

(↓チベットハウスジャパンHPより抜粋)

◆ オム(Om)

私たちの不浄な身体・言葉・思考とともに、高尚純粋な釈迦の身体・言葉・思考を表している。「悟りの道を開いて純粋な境地に到達したとき、過去の不浄から負の属性を取り除き、不浄な身体・言葉・思考も変わることが出来る」と釈迦は説いている。その意味がこの言葉に集約されている。

◆ マニ(Mani)

宝石を意味する。秩序、慈悲、他者への思いやりなど悟りを開くための要素を表す。「宝石が貧困をなくすことができるように、利他主義的な悟りの境地は、貧困・孤独を取り除くことができる。宝石が私たちの望みをかなえてくれるように、利他主義の心によって悟りを開き、私たちの望みは実現される」とダライ・ラマは言う。

◆ ペメ(Padme)

蓮を意味する。知恵を表す。泥の中に生えていても泥に染まらない蓮は、私たちを矛盾から救い出す知恵の本質を示している。

◆ フム(Hum)

分離できないものを意味する。秩序と知恵が調和することにより至る純粋なる境地を表す。

 

これから未来にいきる世界中のこどもたちが、みな幸せでありますように。

宗派やイデオロギーの別なく、今われわれ大人たちの生き方が問われています。