読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

芸術・科学 イタリアの溢れる魅力

 お元気ですか。少年シニアです。

 

  芸術の科学と、科学の芸術を研究せよ

 

  こちらレオナルド・ダヴィンチの言葉です。

芸術と科学を違和感なく結びつけるダヴィンチならではの言葉だと思います。

先月まで江戸東京博物館で開催されていた「レオナルド・ダヴィンチ展」は

大変な賑わいで、最大の呼び物である「糸巻きの聖母」の原画を見るために、

長蛇の列ができていました。(私はあまりの待ち時間の長さに断念しました)

 

 「糸巻きの聖母」の画像検索結果

ダウィンチは、飛行機を作って自ら操縦することを目指していたようで、詳細な

設計図と説明書が展示されていました。

鳥の身体の構造を丹念に観察してつくりあげたようですね。

「ダヴィンチ飛行...」の画像検索結果

 

 ダヴィンチはこんなことも言っています。

 
あらゆるものは、他のあらゆるものと関連する。

すべては、すべてから来る。

すべては、すべてから創られ、すべては、すべてに戻っていく。

すべては、すべてに包み込まれる。

 

まさに上空から全体をとらえた俯瞰的な思考をもつダヴィンチの鳥の視点です。

 

        🌏      🌏      🌏      🌏

 

さてこの展示会は、日伊国交150年を記念して開催されたということでした。

黒船がきて幕府が開国を余儀なくされる中で、イタリアとの国交も結んだんですね。

イタリアとの国交は経済的な恩恵以上に芸術や科学の世界でも恩恵を与えたと思い

ます。ダヴィンチの他にも、ブルーノ、ガリレオ、ヴィヴァルディー、フェリー二

イタリアには個性溢れる科学者や芸術家が目白押しです。

          ♬     ♬     ♬     ♬

こちら「Caruso」。布施明さんのコンサートではじめて聴いたのですが、すごく

自分の琴線に触れました。調べて見らたイタリアの歌で、歌唱力に自信をもつ歌手

の多くが好んで歌っているようです。

確かにイタリア独特の歌い上げる曲なので、歌唱力が問われる歌ですね。

そこで、この歌の作りてのルチオ・ダルラとパバロッチの動画から。

 


Caruso (Live). Luciano Pavarotti & Lucio Dalla (HQ)

 

イタリアへは、何時か行ってみたいですね。