読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

じっとしていない生きもの それが猿

 お元気ですか。少年シニアです。

猿をじっと見ていると なにか落ち着かなくなります。

それは やはり自分が猿に近い生き物だからでしょう。

 

猿は暇な時には、仲間の猿のまぶたや耳をひっくりかえしてなにかを調べている。

虱でも探しているのか、別に何も探していないのか、

ともかく、ただひっくりかえさんとしてひっくりかえしている。

動物園に行って、二匹の猿が互いに耳をひっぱりあっている光景をみたまえ。

そこにこそ、将来のアイザック・ニュートンアルバート・アインシュタイン

出現すべき機微が蔵されているのである

                     (人生をいかに生きるか/林語堂 阪本勝訳)

 

さすが、当代の文筆家はうまいことを言いますな。

 

 ↓ なにかこれ使えそうだな

f:id:tkbkun:20150319220311j:plain

↓ あーつかれた、ちょいと休憩。

f:id:tkbkun:20150319220415j:plain

なんか おもしろいものがはいってそうだな

f:id:tkbkun:20150319220537j:plain

↓ いや こっちの方がおもしろそうだ。

f:id:tkbkun:20150319220706j:plain

↓ いや やっぱりこれが一番だな。

f:id:tkbkun:20160615230052j:plain

 ↓ 遊び過ぎて母親に叱られ、最後は「反省」

f:id:tkbkun:20150319220059j:plain

 

この喜怒哀楽が やはりさるだ。