少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

旧ソビエトで大ヒットした日本の流行歌

お元気ですか。少年シニアです。

独特な節回しのロシア歌謡が好きで、ユーチューブで色々と検索していたところ

下のような動画を見つけました。

えっ! あのザ・ピーナッツが歌っていた「恋のバカンス」も原曲はロシアだった

のか???

でも後半では、ロシア美人が日本語で歌っているぞ・・・・


Каникулы любви恋のバカンス(日本語訳)

 

 インターネットで調べたところ、「恋のバカンス」は、作詞 岩谷時子 作曲

宮川泰で正真正銘の日本の歌(1963年発売)でした。

実はザ・ピーナッツの「恋のバカンス」を聴いた当時のソビエトの国営放送局の日本

特派員が本曲をたいそう気に入り、1965年に本国にこの歌をもちこみ、当時の人気歌

手ニーナ・パンテレーエワが歌ってソビエト内で大ヒットしたそうで、いまでも世代

をこえてロシア内でもくりかえし歌われていて根強い人気があるとのことです。。

確かにユーチューブでも複数のロシア人が本家ザ・ピーナッツの原曲をアップしてい

ていまだにこの歌がロシアで人気があることがわかります。

 


Каникулы любви - Эми и Юми Ито (сестры Пинац) (оригинал)

 

「百万本のバラ」や「ポルシュカポーレ」など、ロシアの歌が日本語訳されて

ヒットしたものはあっても、その逆は知らなかったので、結構いい気分です。

そういえば、最近こういう万国共通誰でもが口ずさめる歌ってないですね。

ロシアからの留学生がきたら、歌って反応を確かめてみよう(笑)