読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

平成29年初場所3日目 各力士の熱き想い

お元気ですか。少年シニアです。

こちらも毎年恒例の初場所観戦。予定より早く両国に着き、時間があったので

会場入りする幕内力士を近撮することにしました。

思った以上に各力士が神妙な表情で会場入りしたことに驚きましたが、考えてみれば

命を懸けた決戦の前だから当然と言えば当然ですね。

 

↓ 遠藤関(会場入りの拍手は一番、ただ終始クールな表情で通り過ぎました)

f:id:tkbkun:20170110215225j:plain

↓臥芽丸関(いつもはお茶目な力士ですがさすがに取り組み前は緊張感が漂います)

f:id:tkbkun:20170110215335j:plain

↓ 逸の城関(ずっと下を見て神妙な表情を崩しませんでした)

 f:id:tkbkun:20170110215957j:plain

↓ 御嶽海関(今日は白鵬と結びの大一番があり、作戦を思案している感じも)

f:id:tkbkun:20170110220646j:plain

松鳳山関(いつにも増して眼光鋭く、付き人もピリピリした様子でした。

      この3時間後、横綱日馬富士を破り金星をあげました!)

f:id:tkbkun:20170110220744j:plain

 

正直、今日3日目は凡戦が多く、会場全体が沸く取組が少なかったのが残念でした。

引き技も多く、またその引き技を残せない粘りのない相撲が散見されました。

おそらく足腰に故障をかかえていて、粘りたくても粘れないのでしょうが・・。

 

その中で力と力がぶつかりあい会場が大いに沸いたのが 琴奨菊と栃の心の一戦。

琴奨菊が栃の心に上手をとられながらもいさい構わずがぶりよりし、栃の心がその

怪力で必死でこらえるところを、琴奨菊が一転豪快なすくい投げで栃の心を土俵に

投げおとしました。大型力士のぶつかりあいはこうでなくちゃいけません。

こういう力戦がもっともっと見たいですね。

f:id:tkbkun:20170110220902j:plain

f:id:tkbkun:20170110222430j:plain

 

本場所白鵬が完全復調。鶴竜も先場所の好調さをキープ。そして稀勢の里

今度こそ一皮むけた感があり、この3力士の争いになるでしょう。

最終的には白鵬稀勢の里に絞られ琴奨菊豪栄道に後れをとった稀勢の里

念願の優勝を果たすというのが私の希望的観測もこめた予想ですが・・・。