少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

自分に心地よいリズムを

昨日CSで「ブエナビスターソーシャルクラブ」というドキュメント映画を観た。

キューバの老ミュージシャンたちを描いたドキュメンタリー映画だ。

キューバにやってきたアメリカのギタリストが、老ミュージシャンたちと出会って

そのソウルフルな音楽に魅せられ、世界各地での演奏会を計画。

それが実現するまでの様子を、彼らの生い立ちや音楽への想いも交えながら、丁寧

に描いている。

 

キューバ音楽の深さ・味わいに感動し、それにも増して老人になっても誇りと洒落心

を失わず、喜々として音楽を愉しむ様子に心を打たれた。

 


Buena Vista Social Club - Candela

 

 ⇩ キューバの街並みを味わいながら、キューバ―の名曲「CHAN CHAN」


Buena Vista Social Club - Chan Chan

 

自分で歌ったり演奏するかは別として、一人一人の体の中には、これまで生まれ

育ってきた中で築かれた心地よいリズムや音がある。

いい音楽にふれると、それがよみがえってくる。

そして、もう一度人生に向き合う覚悟がもてるのだと思う。