少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

福島 春の花めぐり

 お元気ですか少年シニアです。ずっと温めていた東北の桜や花を巡る旅にでました。

今回は福島の桜だけでなく桃もすばらしく、両方を観賞するのを愉しみにして朝早く

うちをでてまずは「三春」に向かいました。

そして何よりの楽しみが日本三大桜の滝桜を観賞することでした。

 

 

郡山から10分程度に三春駅につきましたが、あまり降りる人がいません。ここには三春滝桜という日本三大桜があり、愉しみにしていたのですが、暖春ですでに峠こしてシャトルバスも出ていないというのです。いきなり出鼻をくじかれましたが、ここまで来たら姿を見ないわけにはいかずタクシーで滝桜に向かいました。

そしたら、滝桜は峠をこしたけどまだ咲いている桜はあるし何より今桃が満開だからぜひ見た方はいい。また滝桜以外にも花の残った素晴らしい桜があるというので、まず桃を見にいきました。f:id:tkbkun:20180427144309j:plain

 

こちらかすかに花が残った地蔵桜にバックにモモがさいてます。

f:id:tkbkun:20180427144937j:plain

 ももを観ながら丘まで歩けるウォーキングコースがあったので、20分ほど歩きました。道端の水仙もきれいでさわやかな気持ちになりました

f:id:tkbkun:20180427145241j:plain

f:id:tkbkun:20180427145402j:plain

 丘の上は桃の花園で最高でした。タクシーの運転手さんの話によると、通常は桜が早ければ桃の開花も早いけれど、今年の桃は桜と歩調をあわさず桃は遅めに開花したようです。桃に感謝

f:id:tkbkun:20180427145554j:plain

桃を満喫してからいよいよ日本三大桜の滝桜へ、花はもう終わっていましたが、その風格のある形と菜の花の囲まれた風景はすばらしかったです

f:id:tkbkun:20180427150100j:plain

f:id:tkbkun:20180427150147j:plain

 

この幹の重厚さにこの幹を見ただけでもきた甲斐があったと思いました。とても三春が気に入った(タクシーの運転手さんもとても素朴でいい人だった)ので、いつか再訪したいと思います。(ひょっとしたら終の棲家にしてもいいかも

f:id:tkbkun:20180427150238j:plain

 

この後、福島駅に向かい2時に到着。花見山のシャトルバスが出ていたので30分ほどで花見山に到着。90分コースのウォーキングを愉しみました。

こちた駐車場から花見山の入口までに広がった菜の花畑です。。

f:id:tkbkun:20180427164219j:plain

 

花見山の入口でしだれ桜がお出迎え。びっくりしたのは後ろの秋のような紅葉が見られたことでした。うれしいサプライズでした。

f:id:tkbkun:20180427164518j:plain

 

頂上から見えた♡マークなかなかしゃれた演出です。

f:id:tkbkun:20180427164738j:plain

チューリップの後ろに春の紅葉がまた素晴らしい。花見山の見どころの一つです

f:id:tkbkun:20180427164914j:plain

到る所可憐な花 花 花

f:id:tkbkun:20180427165131j:plain

 

福島の花たちに別れをつげて県庁裏を流れる阿武隈川を眺めて次の訪問地水沢に向かいました。

f:id:tkbkun:20180427234308j:plain

  

今回の旅で私はすっかり福島が気にいってしまいました。タクシーの運転手さんが言っていたひとこと 「花は裏切らないからいいんだ」「自然相手だから人間の思い通りにならないののいいさ」 本当にそう思います。タクシーの運転手さんも人柄のいい気さくな人で三春のことを色々教えてもらいました。

 

次回は、翌日に行った岩手・水沢の桜をアップして桜紹介最後にしたいと思います。