少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

モンキーセンター(新世界ざる編)

お元気ですか。少年シニアです。

次回に引き続きモンキーセンター。今回は南米に棲息する「新世界ざる」の

ご紹介です。

 

こちらボリビアリス猿。彼らの厩舎にいれてもらって、直接観察することができます。

赤ん坊から21歳の高齢者まで様々。動きが早く木から木に飛び回ってカメラマンなかせです。

f:id:tkbkun:20180618103232j:plain

こちらが21裁(人間でいえば90歳近く)高齢のリス猿です。

f:id:tkbkun:20180620222827j:plain

 ケナガクモザルです。群れなして群居生活をしています。

f:id:tkbkun:20180620222952j:plain

ひげさきです。頭の半分が2つにわじかれており。かなりユニークな顔が特徴です。

f:id:tkbkun:20180620230446j:plain

灰色ウリモンキーのじゃれあいです。可愛いですねf:id:tkbkun:20180620230540j:plain

フサオまきざるです。道具の使い方がうまく高い知能をもつことで有名です。

f:id:tkbkun:20180620230755j:plain

コロンビアタロクモザルです。ほんとに蜘蛛のようですね。

f:id:tkbkun:20180620232310j:plain

ここに入場者がはいって記念撮影します。そうです、われわれも類人猿の一員でした。

f:id:tkbkun:20180621060407j:plain

出口にはこんなメッセージが。遊び心あふれたセンターでした。

f:id:tkbkun:20180620232501j:plain

 モンキーセンターには京大の霊長類研究所がありますが、一般者は見学できません。

ただ、一年に一回、公開することがあるようなので、機会があればぜひ見学したいと

思っています。