少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

二松学舎大附VS小山台 慶応VS桐光学園観戦記

お元気ですか。少年シニアです。恒例行事になっている高校野球予選観戦。

残念ながら今回は仕事の関係もあり東東京大会の決勝 北横浜大会の決勝

2試合のにの観戦に留まりました。

二松学舎大附6-3小山台】

 準決勝で本命の帝京を7-2と完勝した公立の雄、小山台。否がおうにも期待

がかかります。前半は小山台のペースで3対1。ただ、私はこの段階で不安を感

じていました。というのも本来バンドで追加点をとって点差を広げるチャンスを

強硬策で取れる点を取り逃がしていたからです。セオリーに従った形で1点づつ

点差を拡大していっていたら5対1くらいまで差を拡大できていたと思います。

奇策のダブルスチールの失敗も痛かったです。点差が拡大すれば強豪校と言えど

もあせってきます。力に劣るチームは先取点をとって、点数をひろげ逆転さを与

えないことが勝利の方程式だと思います(帝京戦はそのパターンで勝ちました)

野球は流れのゲームです。小山田が追加点をとれなかったことで流れが二松学舎

に傾いてきました。さらに二松学舎の2番手の岸本投手がスピードボールと変化

球を組み合併せて完全に小山台打線を封じ込みました。

8回、最後のチャンスが小山台に到来しました。ノーアウト1塁2塁で、ここで

も強硬策をとりましたが、ここはバンドで送り、2.3塁とし、2点を狙いうまく

1点差まで追いつめる展開になれば、9回岸本投手には相当なプレッシャーがか

ってドラマが生じていたかもしれません。

ただ、総合力は投打とも二松陰の方が一枚上でしたし、ここまで二松学舎を苦し

めた公立校小山台にはおしみない拍手をおくりたいと思います。

日曜日と公立の雄小山台人気で外野席もびっしりの超満員でした

f:id:tkbkun:20180803034946j:plain

その小山台躍進の立役者と戸谷君。後半はさすがにばてましたがか完投は立派です。

f:id:tkbkun:20180803034906j:plain

岸川君の力投で一気に二松学舎に流れが傾きました。間違いなく勝利の立役者でしょう

f:id:tkbkun:20180803035017j:plain

 勝利の瞬間 敗者にはつらい瞬間ですが、力は出し切ったと思います。

f:id:tkbkun:20180803035116j:plain

f:id:tkbkun:20180803035253j:plain

f:id:tkbkun:20180803035219j:plain

【慶応7-5桐光学園

準決勝で東海大相模を倒し波にのる慶応でしたが、私は試合巧者の桐光がわずか

に有利と予想していました。しかし、私が思っていた以上に慶応打線に破壊力が

ありました。8回まで7対1、慶応のワンサイド勝利が濃厚でした。ところが、

ドラマが8回裏に待っていました。代打の鵜沢君のホームランで7-2となって

一気に桐光に流れが変わります。好投手生井君がかなりこのホームランにショッ

クを受けたのか、その後、桐光の連打で7対3で満塁までいき、ついに生井君を

ひきづりおろしました。ここで投手は渡辺君にかわりますが、コントロールが定

まらず遂に7対5と2点差までとなり、勝敗は全くわからなくなってきました。

ここで私は9回は再びエースの生井君が戻ると思っていました。しかし9回表に

生井君に代打を出し、生井君の再登板はなくなりました。

コントロールの定まらない渡辺君が2点差を守りきれるか。もし最初のバッター

で四球でも出そうものなら、大逆転のサヨナラもありえると思いました。

しかしここで渡辺君がふんばりました。渡辺君の持ち球の変化球でストライク

がとれるようになり、ストライクが先行するようになりました。こうなると追

い込んでボール玉をふらすという本来の姿で勝負が可能となります。結局ラン

ナーを出すことなくぴしゃりとおさえ慶応を勝利に導きました。

桐光のつぼにはまったときの打撃の凄さも最後には見せてもらって最終的には

いい試合でした。慶応の勝利はきっちり追加点をとっていたからだと思います。

投打のバランスもいいチームですし、甲子園でも「わかき血」を歌いまくって

もらいたいものです。。

慶応の4番廣瀬君のホームランで慶応打線に勢いがつきました。さすが4番です。

f:id:tkbkun:20180802060255j:plain

慶応躍進の立役者 生井君の力投。全力投球でメンバーを鼓舞しました。

f:id:tkbkun:20180802060338j:plain

8回桐光の代打鵜沢君のホームランから一気に試合がもつれあわや逆転の展開になりました。

f:id:tkbkun:20180802060502j:plain

f:id:tkbkun:20180802060423j:plain

8回 力投していた生井君から渡辺君に交代。生井君に惜しみない拍手が送られました

f:id:tkbkun:20180802061332j:plain

2番手渡辺君のコントロールが定まらずピンチ。ナインが集まり渡辺君を励まします。

f:id:tkbkun:20180802061235j:plain

最終的には2番手渡辺君の9回はコントロールが復活し3人で片付け慶応が逃げ切りました。

f:id:tkbkun:20180802060555j:plain