少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

「まんぷく」に救われる日々

10月から始まったNHKの朝ドラ「まんぷく」を毎日楽しみながらまた日々共感して

見ている。日清食品の祖「安藤百福氏」をモデルにし、その百福氏のモデルまんぺい

を支えたふく子さんの話だが、このドラマの良さはまんぺいが「人を幸せにすること

をして世の中に役に立ちたい」という気持ちが一貫してぶれないことと、その彼の志

に共感して徹底的に彼を支えるというスタンスが一貫してぶれないことにある。そし

て面白いドラマは必ずといっていいくらい脇役がいいのだが、これまた「とんちんか

んなプライド」でみなを悩ませる母親の松坂慶子や、調子はよくて世渡り上手だがな

にかにくめない友人?役の桐谷健太などが、ドラマを盛り上げている。

 「カップヌードル」の画像検索結果

前回の「半分青い」は、いったいこのドラマをつくった人は何を視聴者に伝えたくて

つくっているのかさっぱりわからなくて、主人公が何をしたいのかもわからなくて、

心変わりして離婚を提案した夫に対して主人公が「死んでくれ」と叫んだ瞬間に、も

う見るのが耐えきれなくてその後一切見なかったので、今回はどうなんだろうと心配

したのだが、予想以上の面白さ、素晴らしさでほっとしている。

朝は気持ちよくスタートしたい、だから朝ドラの出来は結構自分の心理状態に影響を

与える。夜の連ドラでは面白さ系の「リーガルV」と共感系の「下町ロケット」が高

い視聴率を獲得しているようだが、私も「面白さ」と「共感」の2つの要素は、ドラ

マの良しあしを決める二大要素で、誰が演じるか 誰が脚本家は、そのあとにくるも

のだと思う。