少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

素晴らしい歌手はジャンルを選ばない

歳を重ねて思うことは、歌の力だ。歌はことばに羽根がはえたようなもので

さらに感情を高めたり、沈静化させたりする効果をもつ。これは人類ならでは

の行為だろう。だから歌には、いい歌とそうでない歌があるだけで、歌のジャ

ンルに優劣はない。そのことを理解している歌手は、自分の属する歌のジャン

ルに固執することはない。そういえば国民的歌手 美空ひばりも演歌のみなら

ず、ポップス、ジャズと様々ジャンルのものを歌いこなしていた。

歌が上手な歌手は本来演歌系でもポップス系も歌えるし、本来ポップス系の歌

手でも演歌を上手に歌いこなせる。このユーチューブを聴いていただければ、

そのことが、よくわかる。演歌系の島津亜矢のミーシャへの歌への挑戦、松山

千春の演歌、いずれも素晴らしい出来栄えだ。

歌は細かく細分化されるものではなく、人の心をうつかどうかでその価値がわ

かる。それを表現できるのが本当にいい歌手と言えるだろう。

 


島津亜矢 逢いたくていま(MISIA)

 


『風雪ながれ旅』北島三郎 (松山千春さんカバー )