少年シニア 自由形で生きる

人生の最終章を少年に戻って自由形で生きる事に決めた男が出会った風景・言葉・芸術・人

こどもへの虐待罪は通常の罪よりも重くすべき

その昔、尊属罪なるものがあった。尊属とは自分の配偶者や直系の自分より目上の者

(両親や祖父母など)を指し、尊属罪は、無期懲役か死刑のみという形で、従来の殺人より重い罪が課された。これは秩序を維持するために権力者側がつくった物語によるもので、儒教などの教えがこれを正当化した。

            ♡   ♤   ♢   ♧

 しかし、昨今のこどもへの虐待死をみるにあたり、これは逆ではないかと思うようになった。親の意志によって子供は生まれたのであり、子供は自分の意志で生まれたのではない。こどもは親を選ぶことはできない。したがって、自らの意思で子供を産んだ、また親となった両親は子供の安全を最も尊重し、子供に身の危険が及んだときは体をはってでも子供を守らなければならない。

チーターのメスは、自分より力が勝るライオンが相手でも、こどもを守るためにはひるまず立ち向い追い払おうとする。これは本能によってそうした行動をとるのだ。大半の動物が同じだ。ところが人類だけがこの本能を失って、自分の子供(特に歯向かう力のない乳児や幼児など)に虐待をおこなって死に至らしめることをする者が少なからず存在する。

f:id:tkbkun:20190217065327j:plain

           ♡   ♤   ♢   ♧

 倫理観を基準に考えれば最も倫理観の欠如した行為である。とするならば、こうした事件により殺された子供たちの死を無駄にしないためにも、こどもへの虐待死は通常の犯罪よりも、ずっと重くした方がよいのではないか。

 今回の心愛ちゃんの事件であれば、傷害致死罪ではなく殺人罪を適用したうえで、死刑を含む極刑に課すのだ。彼の場合は、虐待していた行為を録画していたという信じられない行為に及んでおり、こどもへの愛情は微塵も感じられず、物扱いしている。愛のない彼らが心愛という名前をこどもにつけたというのは、何とも皮肉だ。いずれにしていまだに罪を認めようとしないこんな人間に今後改心するかは極めて疑問だ。

            ♡   ♤   ♢   ♧

 学校や児童相談所、警察の連携を強化し、必要な人材を確保することはもちろんだが、それだけでは不十分だ。子供を守るためには法の改正が必要であり、それができるのは政治家だけだ。その政治家が、桜田大臣のように人の生き死にの問題よりも国家のメダル数を優先するような意見をはくなど、極めて鈍感な人たちが多い。まずは、まっさきにこどもへの虐待への罪への法的措置を検討すべきだと思う。

            ♡   ♤   ♢   ♧

いまだに儒教的な要素が残る日本ではこどもは親のものだという考え方が強い。ただそれはあくまでも真っ当な親であることが前提だ。親としてあまりに不適であり、こどもの安全を真っ先に確保すべき親が、その逆の行為をしている場合は、国家や社会がこどもを親から引き離し安全を確保すべきではないか。

法的な整備は、そうしたあるべき親の義務への強い社会的なメッセージとなる。